偏頭痛の原因は女性ホルモンの影響?

偏頭痛は男性よりも女性がなるイメージがありますが、確かに女性の方が圧倒的に多いですね。

そうなると、女性ホルモンが何かしら原因として関わっているのではないか?との予想ができます。

女性ホルモンの影響で偏頭痛に?

生理のときに頭痛があるという人も多いですが、実は偏頭痛である可能性があります。女性の体は月1回の生理で、大きく変化します。それは女性ホルモンの量が排卵の周期で、減ったり増えたりするのが原因です。

女性ホルモンにはエストロゲンプロゲステロンという2種類があります。排卵があるとエストロゲンの分泌は一気に増えますが、その後急に減少します。

すると今度はプロゲステロンが増えてきます。エストロゲンが急に減ってしまうと脳内物質のセロトニンにも影響を及ぼします。セロトニンは心を安定させ太い血管を収縮し細い血管は拡張するのです。

そして、エストロゲンのせいでセロトニンが活躍できない状態になり、太い血管は拡張してしまいます。そのことにより偏頭痛が起きてしまうということなんです。

男性でも偏頭痛に?

また、偏頭痛は女性のもの、だから自分はそうじゃないと思いこんでいる男性もいるようですが、実は違います。男性でも偏頭痛に苦しむ人はたくさんいます。

そもそも偏頭痛は脳内の血管が拡張・縮小する動きが関係しているので、男性でもそのような動きのせいで頭痛持ちになってしまうのです。特にストレスのせいでセロトニンの分泌が増えてしまうこともありますね。

セロトニンの分泌自体は悪くないですが、急激に拡張・縮小を繰り返すため、血管が炎症を起こしてしまうのです。だから男性でも十分に偏頭痛になる要素はあるのです。

実は女性ホルモンのエストロゲンは男性の体の中にも存在しています。数は少ないと思われますが何らかの原因で女性ホルモンの量が変化するようなことがあれば、脳の血管にも影響があると考えられます。

女性ホルモンは100%というわけではないものの、偏頭痛の原因にはなりうるということが分かりますね。

ガンガン!と突然やってくる偏頭痛から解放されたい方へ

偏頭痛を元から改善する革命的なサプリメント「ずきしらずの実」

ガンガン!と突然やってくる重たい嫌な感じに悩んでいるのはあなただけではありません。すぎしらずの実を使用した90%以上のモニターの方が偏頭痛からくる毎日の憂鬱から解放されています。また、すぎしらずの実を使用した方は「そもそも偏頭痛が来る回数が減った」「来ても以前のような重さを感じない」と体調的な克服を実感しています。
ずきしらずの実』は市販薬とは違い頭痛を一時的に止めるものではなく、偏頭痛が起こる「痛み」の原因をなくすため『体質的な実感』を得ることができます。 また、医薬品とは違い植物由来のハーブサプリメントなので体への負担がなく、安心して続けられます

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ