女性ホルモンと偏頭痛には関連があった!薬の飲み方が大切

偏頭痛の原因にはさまざまななものがありますが、女性ホルモンが深くかかわっている場合もあります。

月経開始から2日目から3日目まではとくに重症化しやすいです。

このような女性ホルモンが関係する偏頭痛にはどのように対処したらいいのかについて紹介します。

月経開始2日目から3日目までに注意

女性ホルモンは生理と大きく関係しています。中でも月経開始前に女性ホルモンの1つであるエストロゲンは急激に減少します。

この女性ホルモンの乱高下が偏頭痛を引き起こすことがあります。偏頭痛の中でも特に月経関連偏頭痛と呼び、月経開始日の2日目から3日目までに起こります。通常の偏頭痛よりも重症化しやすいのが特徴です。

強い痛みで、しかも持続時間も長いです。市販の薬が効かない場合もあるうえに再発もしやすいです。さらに、頭痛の前兆もないです。

市販薬に頼り過ぎず医者に相談を

女性ホルモンの乱高下が原因で起こる月経関連偏頭痛は通常の偏頭痛よりも重症になりやすいです。

普段の市販薬が効きにくいこともあり、ついつい飲み過ぎてしまいがちになります。しかし、これはあまりおすすめできません。市販の鎮痛剤を飲み過ぎると薬物乱用頭痛を引き起こしてしまう危険性があるからです。

月経関連偏頭痛で市販薬が効かない場合や飲み過ぎてしまいがちな場合は早めに医者に相談をしましょう。適正な頭痛薬を処方してもらえます。女性ホルモンの含まれている経口避妊薬であるピルは1カ月のうち、7日間の休薬期間があり、その間に偏頭痛が起こりやすいです。

場合によってはピルの種類を替えたり、服用を辞める必要が出てくるので、こちらも医者に相談しましょう。

生理中はできれば安静に

月経関連偏頭痛はくる時期が分かっているのが特徴です。

通常よりも酷い偏頭痛になってしまうことが多いので、憂鬱な気分になってしまいがちですが、上手に付き合っていくすべを身に着けましょう。偏頭痛が一番ひどくなる時期は決まっているので、なるべくその時期はゆっくり過ごせるようにスケジュールを組むように工夫をしましょう。

また、マグネシウムを中心としたミネラルが不足すると血管の収縮や拡張がうまくいかない原因になるので、これらが豊富に含まれる食事を心がけるのもおすすめです。

ガンガン!と突然やってくる偏頭痛から解放されたい方へ

偏頭痛を元から改善する革命的なサプリメント「ずきしらずの実」

ガンガン!と突然やってくる重たい嫌な感じに悩んでいるのはあなただけではありません。すぎしらずの実を使用した90%以上のモニターの方が偏頭痛からくる毎日の憂鬱から解放されています。また、すぎしらずの実を使用した方は「そもそも偏頭痛が来る回数が減った」「来ても以前のような重さを感じない」と体調的な克服を実感しています。
ずきしらずの実』は市販薬とは違い頭痛を一時的に止めるものではなく、偏頭痛が起こる「痛み」の原因をなくすため『体質的な実感』を得ることができます。 また、医薬品とは違い植物由来のハーブサプリメントなので体への負担がなく、安心して続けられます

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ