偏頭痛と食べ物の関係とは?食べることで頭痛を誘発する危険が!

偏頭痛は血管の収縮と拡張が大きく関係しています。またそれを誘発させるものとして食べ物なども原因の一つとして考えられています。

一見すると偏頭痛と食べ物はあまり関係ないようにも思えますが、そうではありません。ここでは偏頭痛を引き起こしやすい食べ物について考えていくことにします。

食べると血管が広がる?拡張させる食品とは

血管を広げてしまう食品はいくつかありますが、特に気を付けたいのはアルコール類です。お酒が大好きで毎日飲んでいる人もいるのではないでしょうか。飲んでいるときはとても気分がよくなるかもしれませんが、血管を拡張してしまいますので注意が必要です。

またハムやベーコン、ソーセージなどに含まれている亜硝酸化合物もよくありません。見た目はとてもおいしそうに見えますのでつい食べたくなるのですが、なるべく控えたほうがいいでしょう。その他アステルパームなどの甘味料も注意が必要です。

食べると血管が細くなる?収縮させる食品とは

血管を収縮させてしまう食べ物もたくさんありますが、チョコレートなど気を付けたほうがいいでしょう。女性の場合、特にチョコレートなどの甘いものが大好きな人も多いのではないでしょうか。疲れた時に少し食べたり持ち歩いている人もいるかもしれません。ただチョコレートは血管を収縮させる働きがありますから偏頭痛の人にはあまりよくありません。

またチーズやスナック類、コーヒーなどのカフェインも気を付けたほうがいいでしょう。
特にチラミンという成分が関係していますが、血管を一度収縮させた後、再び拡張させるという作用があります。そのため偏頭痛を引き起こす原因にもなってしまいます。

人によっても違う?量や食べ合わせに注意!

血管を収縮、拡張させる食べ物があるという事はわかりましたが、必ずしもこれを食べたからといって偏頭痛がおこるというわけでもありません。

人によっておこりやすい人とそうでない場合があります。例えばコーヒーなど毎日飲む人もいるでしょう。またチョコレートなどもそうです。普段からストレス解消のために摂取している場合は必ずしもそうとは限らないでしょう。それが気持ちを和らげている場合もあります。

ただ食べ合わせなどで多量に摂取してしまう場合は注意しましょう。例えばワインとチーズなどですが、知らないうちに多量に摂取してしまい誘発の原因となってしまいます。偏頭痛が気になる場合は少し量なども注意しておいたほうがいいでしょう。

ガンガン!と突然やってくる偏頭痛から解放されたい方へ

偏頭痛を元から改善する革命的なサプリメント「ずきしらずの実」

ガンガン!と突然やってくる重たい嫌な感じに悩んでいるのはあなただけではありません。すぎしらずの実を使用した90%以上のモニターの方が偏頭痛からくる毎日の憂鬱から解放されています。また、すぎしらずの実を使用した方は「そもそも偏頭痛が来る回数が減った」「来ても以前のような重さを感じない」と体調的な克服を実感しています。
ずきしらずの実』は市販薬とは違い頭痛を一時的に止めるものではなく、偏頭痛が起こる「痛み」の原因をなくすため『体質的な実感』を得ることができます。 また、医薬品とは違い植物由来のハーブサプリメントなので体への負担がなく、安心して続けられます

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ