偏頭痛の原因はパソコンだった?光と体への関係と偏頭痛への影響力

偏頭痛でつらいと悩んでいる方は多いのではないでしょうか。頭の一部分が慢性的に痛み、ズキズキと一定のリズムを奏でるように続きます。

偏頭痛くらい我慢と、長年放置してしまっている方もいますよね。しかし、偏頭痛は甘くみてはいけません。しっかりと原因を把握して、対策を取るようにしましょう。

パソコンも原因の一つ

偏頭痛の原因として、近年、注目されているのがパソコンやスマートフォンの存在です。偏頭痛は今や、4人に1人が悩んでいる病気だとも言われています。小さな子供からお年寄りまでパソコンを使いこなす時代です。しかも、長時間、使用してしまうこともよくありますよね。

仕事でパソコンをしていると、1日8時間以上使用している方も多いのではないでしょうか。
また、仕事の後に、自宅でスマホやタブレットを使用して、寝る前まで手放さないなんて話も耳にします。これでは、偏頭痛の原因になってしまいます。

どうしてパソコンが悪いのか

パソコン画面から出る光は、ブルーライトと呼ばれ、人が目に見える光の中でも最も強い光です。私達が見ることができる一般的な光は、眼の中にある角膜や水晶体によって吸収されています。

しかし、ブルーライトは、紫外線と同様の強い光を発して、角膜や水晶体では吸収されずに、眼の奥にある網膜まで達してしまうという訳です。眼の緊張を招いてしまうことから、偏頭痛につながってしまいます。

また、長時間、パソコン作業を続けることで血流が悪くなってしまうことも原因です。筋肉がこわばってしまい、偏頭痛に発展するのです。パソコンは、眼だけではなく、体にも強い影響を与えてしまいます。

パソコンによる偏頭痛の解決法とは

そんな偏頭痛のリスクがあるパソコンですが、使わないようにすることは現代では不可能と言えるかもしれません。ですから、偏頭痛予防のため、パソコンやスマホを1時間使用したら必ず、休憩を取るようにしましょう。画面から眼を離し、外を見るなどの対策を取りましょう。

また、全身の血流を改善するために休憩の時には、伸びをするなど簡単に運動をするように心がけましょう。

ついつい、使い続けたくなるパソコンやスマホですが、家に帰ったら使うのを止める、続ける場合には時間を決めて使うなどの対策をとるようにして、偏頭痛から体を守りましょう。

ガンガン!と突然やってくる偏頭痛から解放されたい方へ

偏頭痛を元から改善する革命的なサプリメント「ずきしらずの実」

ガンガン!と突然やってくる重たい嫌な感じに悩んでいるのはあなただけではありません。すぎしらずの実を使用した90%以上のモニターの方が偏頭痛からくる毎日の憂鬱から解放されています。また、すぎしらずの実を使用した方は「そもそも偏頭痛が来る回数が減った」「来ても以前のような重さを感じない」と体調的な克服を実感しています。
ずきしらずの実』は市販薬とは違い頭痛を一時的に止めるものではなく、偏頭痛が起こる「痛み」の原因をなくすため『体質的な実感』を得ることができます。 また、医薬品とは違い植物由来のハーブサプリメントなので体への負担がなく、安心して続けられます

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ