「偏頭痛」と「緊張型頭痛」を見極めて頭痛に対処! 43歳T.M.さん

私は、30代後半頃になって頭痛を感じることが多くなりました。これが、世に言う「偏頭痛」だと気が付いたのは40代に突入したときです。

私の場合、これも身体の経年変化の一つかもしれないと思って受け入れ、その時々の偏頭痛の起こる要因や痛みの様子を探っています。

偏頭痛を起こす要因も様々?

私は、エアコンの寒暖差、急激な気候の変化、飲酒、サウナ、眼精疲労、貧血(鉄分不足)、肩こりなどでよく偏頭痛を起こします。痛みの症状でよく起こるのは、頭の片側だけが「ズキンズキン」と脈打つような鈍い痛みが多いです。起こる時間帯は、日中よりも夜の方が多いように思います。

ちなみに、このようなタイプの頭痛は、「何かの要因で血流が活発に流すぎたりすると起こるのではないか?」と感じています。それを証拠に、頭痛を感じたときにこめかみあたりをタオルできつく巻いてみると頭痛が少し和らぐことがあるからです。血管の拡張により偏頭痛が起こるという説もあるので、なんだか納得できます。

要因を見極めてみる

先述したような頭痛が大半ですが、これに当てはまらない痛みが起こることもあります。肩から後頭部がギューッと締まるように痛くなる症状の頭痛です。ネットや書籍で調べてみたところ、頭痛には「偏頭痛」と「緊張型頭痛」というものがあるそうで、こちらの「緊張型頭痛」の場合は、締め付けられるような痛みが特徴で、肩こりなど血流が悪くなることが原因なので、この頭痛は肩や頭をマッサージしたり温めたりして、血流を良くすることが改善の方法なのだそうです。

対処法が真逆なので、私の場合頭痛が起きたときに間違った処置にならないよう、どちらのタイプの頭痛なのか見極めるようにしています。

偏頭痛になったときの対処は?

頭痛がしたら、出来るだけ薬は飲まずに過ごそうと心掛けていますが、仕事中など何かやらなければならない事がある時は、イブプロフェイン系の頭痛薬を飲んでいます。

薬に頼らず偏頭痛の際にしている対処法頭部を冷やす事です。これで痛みが和らぐことがあるので冷凍庫にはアイスノンを用意しています。それと、偏頭痛の時は光を見るのが眩しくて辛かったりするので、できるだけ暗い所で横になるよう心掛けています。これからも上手く頭痛と付き合っていきたいと思います。

ガンガン!と突然やってくる偏頭痛から解放されたい方へ

偏頭痛を元から改善する革命的なサプリメント「ずきしらずの実」

ガンガン!と突然やってくる重たい嫌な感じに悩んでいるのはあなただけではありません。すぎしらずの実を使用した90%以上のモニターの方が偏頭痛からくる毎日の憂鬱から解放されています。また、すぎしらずの実を使用した方は「そもそも偏頭痛が来る回数が減った」「来ても以前のような重さを感じない」と体調的な克服を実感しています。
ずきしらずの実』は市販薬とは違い頭痛を一時的に止めるものではなく、偏頭痛が起こる「痛み」の原因をなくすため『体質的な実感』を得ることができます。 また、医薬品とは違い植物由来のハーブサプリメントなので体への負担がなく、安心して続けられます

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ