母親の偏頭痛がもたらした8歳と10歳の娘の成長に感動 39歳 U.T.さん

私は20年前から偏頭痛持ちです。原因は、交通事故で頭を打ったことに起因していると思います。

それまでは痛みとは全く無縁で、歯医者さんに行っても「よくこんなになるまで放っておいたね」と怒られる位、痛みには鈍感な人間でした。

私の偏頭痛が起こるときは?

そんな私が偏頭痛持ちとなったのですから、周りの家族は「事故で脳に重大な損傷が残ったんじゃないのか?」と本気で心配したようでした。

私が偏頭痛を起こす要因の1つに気圧の変化が考えられます。特に雨の日、ひどい時には雨の降る前日の夜から、頭が割れるようなズキズキした痛みが現れ、その痛みは丸一日続きます。

ある日曜の偏頭痛

先日も前の日からなんだかスッキリとしない、どんよりと続いていた偏頭痛が昼時からひどくなり、脈を打つ度にこめかみにズキンという痛みが出る程までに悪化しました。

こうなるともう立つことはおろか、寝ていても辛く、吐き気まで出てきます。ここまでの頭痛になると、薬を飲んでも気休めにしかならず、ひたすら頭痛が引くのを待つしかありません。

しかし、こんな日でもお母さんに休んでいる暇はありません。

掃除は後回しにできたとしても、洗い上がった洗濯物をそのままにするわけにはいきませんし、日曜日だったこともあり、子供達のご飯の用意もしなければならなりません。体に鞭打つようにして、休み休み家事をしていましたが、ご飯を作り終わったところで、とうとう力尽きました。

家族の助け

倒れ込むように床に着くと、8歳の次女お水といつも飲んでいる頭痛薬を持って来てくれ、偏頭痛の際に私がいつもこめかみに塗っているタイガーバームを塗って、マッサージをしてくれました。10歳の長女自らすすんで食事の後片付けや食器洗いなどをしてくれました。それだけではなく、更にゆっくり休めるようにと3歳の弟を連れて公園へ遊びに行ってくれたのです。

普段は何でもやりっぱなしで、いくら注意しても言う事を聞いてくれず、お手伝いなどしてくれたことはなかった娘たちなのに。

お手伝いができるようになったことよりも、人を思いやる心を持つまでに成長してくれたことが嬉しくて仕方がありませんでした。思いがけないことで子供たちの成長を感じた日、偏頭痛は辛かったけれど、それ以上に気持ちは軽やかになりました。

ガンガン!と突然やってくる偏頭痛から解放されたい方へ

偏頭痛を元から改善する革命的なサプリメント「ずきしらずの実」

ガンガン!と突然やってくる重たい嫌な感じに悩んでいるのはあなただけではありません。すぎしらずの実を使用した90%以上のモニターの方が偏頭痛からくる毎日の憂鬱から解放されています。また、すぎしらずの実を使用した方は「そもそも偏頭痛が来る回数が減った」「来ても以前のような重さを感じない」と体調的な克服を実感しています。
ずきしらずの実』は市販薬とは違い頭痛を一時的に止めるものではなく、偏頭痛が起こる「痛み」の原因をなくすため『体質的な実感』を得ることができます。 また、医薬品とは違い植物由来のハーブサプリメントなので体への負担がなく、安心して続けられます

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ