偏頭痛持ちなら頭痛外来を受診してみましょう 36歳 N.S.さん

高校生ぐらいからたまに頭痛がする、ということはありました。しかし頻繁に起こるものでもなかったので、特に対処はしていませんでした。

社会人になってから頻繁に頭痛が起こるようになり、場合によっては起き上がることすら億劫になってしまうほどでした。

20代後半からは市販の頭痛薬を飲んで対応をしていましたが、より効果がある薬を頭痛外来で処方してもらえるということで専門のクリニックに通うようになりました。

偏頭痛が現れる時はどんな時か?

疲れている時に偏頭痛に悩まされることが多いです。忙しくて睡眠時間も短くなってしまった時や肩こりが酷い時に連動をして頭痛が起きます。

また暑さによっても頭痛に悩まされることがあります。他にも突発的に頭痛が起こる場合もあるので、予想できない時には本当に困ります。

偏頭痛の対処方法

「今日は頭痛が起こりそうだ」という予感があります。朝起きた時になんとなく頭が重い、軽い痛みがある場合には早めに薬を飲むようにしています。その薬は頭痛外来で処方をされたものなので、頭痛がひどくなる前に飲むことにより、症状を抑えることができます。

すでに頭痛が起きてしまっている場合には、起きている頭痛を抑えるための他の薬を飲みます。処方されている薬は2種類あるので、その時の症状によって変更をしています。

専門の医療機関での受診をすることによって、原因も早期に究明をすることができますし、脳に関する重大な疾患が起きていないのかどうかも確認をすることが出来るので、それだけでも安心感があります。

普段から心がけていること

偏頭痛が起きるとその日は何もする気がなくなってしまいます。ですから、できるだけ偏頭痛が起きないように予防をすることも大事だと思います。

予防策の1つとして、睡眠を出来るだけ多く取るということを心がけています。休みの日もあまり無理をせず、疲れているようであれば、昼寝をしてしまってもよいと思います。寝ることによって疲れを取ることが出来るので、休むというのは大事なことだと思います。

頭痛外来はオススメ

偏頭痛は完治させることができません。ずっと付き合っていかなければいけない症状です。ですから自分の症状に合う薬を処方してくれる、頭痛外来を受診するとよいです。そうすることによって不安も解消させることができますし、薬も適したものを処方してくれます。

ガンガン!と突然やってくる偏頭痛から解放されたい方へ

偏頭痛を元から改善する革命的なサプリメント「ずきしらずの実」

ガンガン!と突然やってくる重たい嫌な感じに悩んでいるのはあなただけではありません。すぎしらずの実を使用した90%以上のモニターの方が偏頭痛からくる毎日の憂鬱から解放されています。また、すぎしらずの実を使用した方は「そもそも偏頭痛が来る回数が減った」「来ても以前のような重さを感じない」と体調的な克服を実感しています。
ずきしらずの実』は市販薬とは違い頭痛を一時的に止めるものではなく、偏頭痛が起こる「痛み」の原因をなくすため『体質的な実感』を得ることができます。 また、医薬品とは違い植物由来のハーブサプリメントなので体への負担がなく、安心して続けられます

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ