女性ホルモンが偏頭痛に関係!女性ホルモンの分泌増減の影響で偏頭痛に

偏頭痛の原因はいくつかありますが、原因のひとつに女性ホルモンのエストロゲンの分泌量の変化の影響を受けて偏頭痛が発生します。

女性ホルモンが原因で起きる偏頭痛には、女性ホルモンの影響を受けるセロトニンの分泌量が関係していて、セロトニンはエストロゲンが増えると急激に増えて、エストロゲンの分泌が減少するとセロトニンも低下します。

セロトニンは脳の血管を拡げたり収縮させる働きがあるため、セロトニンの分泌量が変化すると脳の血管が収縮を繰り返し神経を圧迫することで偏頭痛が起きるのです。

女性ホルモンと偏頭痛の関係

女性ホルモンであるエストロゲンの分泌量は、月経の周期に合わせて変化します。排卵前にエストロゲンの分泌量はピークを迎えて、排卵が終わると急激に減少します。

その後はまたエストロゲンの分泌量は増えますが、生理の前後には分泌量が減少します。このような増減を繰り返すことで、セロトニンもエストロゲンの分泌量に比例して増減するため、脳の血管もセロトニンの分泌量にあわせて、収縮を繰り返します。

脳の血管が収縮を繰り返すことで、血管を取り巻いている脳神経の中で一番最大の三叉神経が圧迫されて、刺激をを受けた三叉神経が痛みなどの刺激物を分泌するため、偏頭痛の原因になると言われています。

また女性の40代後半から訪れる更年期障害によるホルモン変化も偏頭痛を引き起こします。更年期はエストロゲンの分泌量が低下して閉経に向かっていきますが、エストロゲンの値が不安定になることが多く偏頭痛が増えてしまいます。

しかし閉経を迎えるとエストロゲンの分泌量が低下した状態で分泌量が一定になるため、女性ホルモンが原因でおきる偏頭痛はおさまります。

足りない分は食事で補いましょう

エストロゲンの分泌量が少ないと、セロトニンの原料となるトリプトファンの吸収がうまくできません。そのためエストロゲンの増減がセロトニンの分泌量に影響を与えるのです。

トリプトファンは、肉や魚の動物性タンパク質、小豆や大豆、ナッツ類、バナナ、牛乳といった食品に多く含まれています。またトリプトファンがセロトニンになるためには、ビタミンB6も必要になります。

普段の食事からセロトニンの原料となるトリプトファンとビタミンB6を摂取するようにして、セロトニンの分泌量を減らさないようにバランスのよい食事をとりましょう。

女性ホルモンの影響による偏頭痛を防止するには

女性ホルモンは、夜の睡眠中に分泌されます。そのため睡眠不足になると女性ホルモンが分泌されないため、よりエストロゲンが減少してしまい偏頭痛の原因になりますので睡眠不足にならないようにしましょう。

また、偏頭痛が起きている時は頭部の血管が炎症を起こしているため、血管の拡張を抑えるために、こめかみを押さえたり冷やしたりして血流を抑えるようにすると痛みがやわらぎます。

そして人混みや日差しの強い場所は脳の血管を刺激して偏頭痛の原因になってしまうため、避けるように気をつけましょう。

ガンガン!と突然やってくる偏頭痛から解放されたい方へ

偏頭痛を元から改善する革命的なサプリメント「ずきしらずの実」

ガンガン!と突然やってくる重たい嫌な感じに悩んでいるのはあなただけではありません。すぎしらずの実を使用した90%以上のモニターの方が偏頭痛からくる毎日の憂鬱から解放されています。また、すぎしらずの実を使用した方は「そもそも偏頭痛が来る回数が減った」「来ても以前のような重さを感じない」と体調的な克服を実感しています。
ずきしらずの実』は市販薬とは違い頭痛を一時的に止めるものではなく、偏頭痛が起こる「痛み」の原因をなくすため『体質的な実感』を得ることができます。 また、医薬品とは違い植物由来のハーブサプリメントなので体への負担がなく、安心して続けられます

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ