偏頭痛はなぜ起こるの?薬を使わない治し方と予防法!

生理前だったり、予期しない時に来る偏頭痛は、誰しもが一度は経験したことがあると思います。

辛い偏頭痛を解消するため、偏頭痛が起こるメカニズムと共に、対策を説明したいと思います。

偏頭痛とはどんな頭痛?

偏頭痛とは、頭の片側がズキンズキンと脈打つように痛む頭痛のことです。

特徴として、脈打つような痛み、動くと悪化する、4~72時間痛みが続くというものがあります。

偏頭痛の原因は二つある

実は、頭痛の原因はまだ解明されていません。しかし、説としては二つあると言われています。

一つは、頭の血管が拡張することによって痛みが出るもの。もう一つは、神経が刺激されて痛みが出るというものです。これは三叉神経という神経で、血管の拡張をコントロールする神経です。

何らかの原因で刺激された三叉神経が、血管を拡張させ、その炎症によって頭痛が起こるのではないかと言われています。

偏頭痛を治すには?温めることは逆効果

偏頭痛は血管の拡張によっておこるので、冷やすことが最も効果的です。

冷やす場所は、痛みを伴う場所か、首の後ろの二か所です。同時に冷やすのも有効です。逆に、温めることはしてはいけません。炎症が悪化し、拡張を進めてしまいます。結果、頭痛がさらに酷くなります。

偏頭痛が起きているときは、入浴に時間をかけすぎない、ドライヤーをかけすぎないなど、気を付ける必要があります。また、カフェインの摂取も有効です。カフェインのには血管を収縮させる作用があるためです。

目安は、コーヒーカップに3~4杯ほどです。ただし、カフェインは体質によっては吐き気、胃もたれを引き起こす場合があるので、取りすぎには注意が必要です。

偏頭痛の予防をするには?必要な栄養素

偏頭痛を起こしやすい人は、マグネシウムとビタミンB類義が不足しがちという傾向があります。どちらの成分も、血管の炎症を抑える効果を持っています。ビタミンB類は肉類に含まれ、マグネシウムはナッツ、海藻、緑黄色野菜に含まれます。

最近ではサプリメントでも手軽に取れるので、偏頭痛に悩む方には、積極的な摂取をオススメしたい栄養素です。また、規則正しい生活をすることで自律神経の安定をはかることができ、神経が刺激されて起こる頭痛を防ぐことができます。

6~8時間の睡眠時間を確保する、マグネシウムとビタミンB類を摂取する。この二つで、偏頭痛の予防が可能です。

ガンガン!と突然やってくる偏頭痛から解放されたい方へ

偏頭痛を元から改善する革命的なサプリメント「ずきしらずの実」

ガンガン!と突然やってくる重たい嫌な感じに悩んでいるのはあなただけではありません。すぎしらずの実を使用した90%以上のモニターの方が偏頭痛からくる毎日の憂鬱から解放されています。また、すぎしらずの実を使用した方は「そもそも偏頭痛が来る回数が減った」「来ても以前のような重さを感じない」と体調的な克服を実感しています。
ずきしらずの実』は市販薬とは違い頭痛を一時的に止めるものではなく、偏頭痛が起こる「痛み」の原因をなくすため『体質的な実感』を得ることができます。 また、医薬品とは違い植物由来のハーブサプリメントなので体への負担がなく、安心して続けられます

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ