偏頭痛と女性ホルモンには深いつながりが!女性の偏頭痛の解消のためには?

女性が生きていくのにいつも影響を与える「女性ホルモン」。生理が来るもの、妊娠や出産ができるのも、そして更年期障害もすべてが女性ホルモンが影響しています。

女性とは切り離せない女性ホルモンですが、バランスが崩れることでいろんなつらい症状を引き起こします。

その一つが偏頭痛。女性はとかく偏頭痛に悩まされがちですが、少しでも解消出来たら、と思う女性は多いのではないでしょうか。

生理前の偏頭痛

女性ホルモンは、たった一か月の間にも大きく変化しています。生理が終わると、エストロゲンという卵胞ホルモンがグッと増えます。エストロゲンは空に不調を感じさせることはあまりありません。

そして排卵。排卵後は、プロゲステロンという黄体ホルモンがグッと増えます。

このホルモンは妊娠を成立させるのにとても大事な役割を持つホルモンですが、エストロゲンとは逆に、体にいろんな不調を起こすホルモンでもあるのです。

その一つが偏頭痛です。他にもむくみや食欲の増進、肩こりや便秘も引き起こします。

妊娠中の偏頭痛

妊娠中はつわりなど、つらい症状に悩まされることも多いのですが、偏頭痛に悩んだという話もとてもよく聞きます。

妊娠中の偏頭痛の原因はいくつかあると思いますが、やはり一番は女性ホルモンです。

生理前に多く分泌されるプロゲステロンが、特に妊娠初期には多く分泌されています。これは子宮内環境を整えて、胎盤を形成するために必要なことなのですが、妊娠前なら生理が来ると同時に減っていたものが、減ることなく分泌され続ける。

するとプロゲステロンによる体への影響がますます大きくなるというわけなんです。薬を飲めない妊娠初期の偏頭痛は、本当につらいものなのです。

更年期の偏頭痛

更年期に差し掛かった女性の偏頭痛も非常に多いと聞きます。更年期とは閉経の前後10年の期間。この間は閉経に向けて徐々にホルモンのバランスが崩れてきます。

まず、排卵を起こすために分泌されるエストロゲンが減少し始めます。そのため、エストロゲンをもっと分泌させようとする脳との間で混乱が起こり自律神経が乱れ、結果として偏頭痛、めまい、ほてりなどの更年期障害の症状が起こります。

更年期障害の場合、妊娠期間と違い、いつ終わるかわからず不安を感じる方も多いです。

偏頭痛を軽くする日々の工夫

女性ホルモンが影響する偏頭痛は、根本から治すことは難しいのです。しかし、日常生活の様々な工夫で、楽にすることはできます。

まず、頭痛がひどい時には暗めの部屋で休む。明るさは偏頭痛を悪化させます。

また、栄養のバランスもとても大切です。ビタミンB2は偏頭痛を和らげる効果があります。ビタミンB2を多く含む食品は納豆や豚肉、乳製品などがあります。ビタミンB2のサプリメントも色々とありますので試してみても良いです。

更年期の偏頭痛には、大豆イソフラボンがおススメです。大豆イソフラボンは更年期に減るエストロゲンと同じような働きをするといわれます。豆乳や大豆製品、大豆イソフラボンのサプリメントで意識的に摂取しましょう。

女性に生まれたら一生ついて回る女性ホルモンの影響。いろんな工夫で、うまく付き合っていけたらいいですね。

ガンガン!と突然やってくる偏頭痛から解放されたい方へ

偏頭痛を元から改善する革命的なサプリメント「ずきしらずの実」

ガンガン!と突然やってくる重たい嫌な感じに悩んでいるのはあなただけではありません。すぎしらずの実を使用した90%以上のモニターの方が偏頭痛からくる毎日の憂鬱から解放されています。また、すぎしらずの実を使用した方は「そもそも偏頭痛が来る回数が減った」「来ても以前のような重さを感じない」と体調的な克服を実感しています。
ずきしらずの実』は市販薬とは違い頭痛を一時的に止めるものではなく、偏頭痛が起こる「痛み」の原因をなくすため『体質的な実感』を得ることができます。 また、医薬品とは違い植物由来のハーブサプリメントなので体への負担がなく、安心して続けられます

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ