薬物乱用頭痛なんていや!市販の頭痛薬と上手に付き合う方法?

特別に大きな病気がある訳では無いのに頭が痛くなった時など、薬局に沢山ある薬の中から適当に頭痛薬を買って対処する事はよくある事です。

体調が悪くなった時にすぐに薬局などで、薬を自分で選んで求める事が出来るこれはとても便利です。とても助かります。

問題は、これが今の頭痛を悪化させて「薬物乱用頭痛」という頭痛を引き寄せる事です。もちろん、その他の病気を引き寄せる事もあります。

今回は、この「薬物乱用頭痛」を防ぐ為に薬の事について調べてみました。

薬物乱用頭痛て何のこと?薬は選ばなければいけない!

頭が痛くなったから薬を飲もうと、思う事は自然です。飲む事も間違いではないです。問題なのは、薬をどの様に選んで飲んでいるかです。

こんな時には注意です

最初効果があった頭痛薬でも、回数を重ねると効果が低下して、すぐに他の薬を買い求めているような状況の中で、頭痛薬を1か月の中で、10日以上続けて飲んでいる状態が3か月以上続いている時などは薬物乱用頭痛になり始めている可能性があります。病院への受診をお薦めします。

なんでこんなに沢山あるの頭痛薬?成分によって違いがある!

市販されている頭痛薬とは、含まれている成分の働きで痛みを和らげたり無くしたりする成果をだします。その事を理解しておく事も必要です。成分によって薬物乱用が引き起こされる時もあります。

頭痛薬の成分のとは

薬局などで市販されている頭痛薬には、鎮痛剤の成分のみで販売されているものと鎮痛剤成分に補助成分などを加えてひとつの頭痛薬になっているものがあります。

数ある頭痛薬の中で、鎮痛剤の非ステロイド性抗炎症薬にアセトアミノフェンは薬物乱用頭痛の原因となります。

沢山ある頭痛薬!副作用はないのか?

痛みを止めるために飲んでいる頭痛薬、効果がすぐに出ると気持ちも楽になります。痛みが始まった時の為、いつもバックの中に入れて持っている方も少なくは無いはずです。

薬はメリットもあれば、デメリットもあります。そして、非ステロイド性抗炎症薬にも薬物乱用頭痛になる他にも副作用があります。

腎臓への負担が出る時がある

尿が出にくい状態になる事があります。これは非ステロイド性抗炎症薬を服用すると、腎臓への血流が悪くなり、流れる血液の量が減少します。その事が腎臓の働きを低下させてしまうのです。

腎臓については、よく聞く言葉ですが「一度汚れたフィルターは元に戻す事は出来ない」と言います。気をつけて下さい。

胃への負担が出る時がある

胃炎や胃もたれになる事があります。これは非ステロイド性抗炎症薬の服用でプロスタグランジン(胃粘膜血流増加・胃粘膜保護などの働きをする)が体内で作られる事が出来なくなる為です。

病院で痛み止めを処方される時に、「胃薬も一緒に出しますね」と言われますがそれはこの様な事から胃を守る為です。ですから、薬局で頭痛薬を買う時には薬剤師と相談するといいです。

なりたくない薬物乱用頭痛!防ぐ為に出きる事とは?

軽い頭痛の時や初期症状の時などは、薬局で買う事が出来る頭痛薬でも十分な効果を得る事が出来ます。でも、過度に使う事で薬物乱用頭痛になりさらに重症化させる事にも繋がります。

服用する時の注意

ついつい頭痛薬に頼ってしまい、薬物乱用頭痛になってしまったなんて事にならない様に出きる事があります。

頭痛薬の説明書にも書いてあります。「長期連続して服用しないで下さい」とその事を考慮しても、服用は月に10日以内にしましょう。もし、超える時には病院での受診が必要です。

薬の成分が、鎮痛剤の成分のみの薬にしましょう。補助成分が加えられているものには、服用を繰り返しやすいのです。注意してください。

ご存知ですか?正しい薬の飲みかた!

せっかく頭痛に効果のある薬でも、正しい飲み方をしていないと効果が発揮出来なくなるだけではなく、危険な時もあります。注意が必要です。

たっぷりのお水で飲む事

よく言われる事ですが、薬を飲む時には「コップ一杯(200mlくらい)のお水で飲むのよ」そう言われてもついつい、薬を飲み込む為に必要な量(せいぜい50mlから100ml)で飲んでいる事が多いです。

鎮痛剤等は特に少し多目のお水で飲んだほうが、薬が十分に溶けて、効果が上がります。胃を守る為にも、薬を飲む時にはコップ一杯くらいの水で飲む方が良いです。

噛み砕いてはいけない

錠剤が飲みずらい等の理由から、薬を飲む時に細かくしたりして飲む方もいますが、これは間違いで、危険です。薬の中には少しずつ成分が溶け出すためなどを目的としてコーティングされているものもあります。その為効果が低くなる事や、効果があり過ぎて危険な時もあります。

錠剤が大きくて飲むのが大変で、という時には大きさの違うものがある時もあるので薬剤師などに相談するとよいです。

お腹が空いている状態では飲まない

鎮痛剤は、お腹が空いている状態で飲むと胃への影響が出やすいので何か少しお腹に入れてからの方がいいです。急な時などは牛乳1杯でも大丈夫です。

この時に注意が必要なのは、鎮痛剤以外には牛乳と相性が悪いものもあります。鎮痛剤以外は牛乳で飲む事はしないで、何か少しでも食べてからの方がいいです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?薬物乱用頭痛にならない為についてご案内させて頂きました。頭が痛いから薬を飲むという事は普通の事です。

薬局で簡単に薬を買う事が出きる事は便利な事ですが、その薬の効果はもちろん副作用も考慮して選ぶ必要性があります。もちろん自分の体調を考慮する事も大事です。

そして、薬の用法等をきちんと守り正しく服用する事です。その上で、効果が無い時は我慢をしないで病院を受診して、医師と相談する事をお薦めします。

ガンガン!と突然やってくる偏頭痛から解放されたい方へ

偏頭痛を元から改善する革命的なサプリメント「ずきしらずの実」

ガンガン!と突然やってくる重たい嫌な感じに悩んでいるのはあなただけではありません。すぎしらずの実を使用した90%以上のモニターの方が偏頭痛からくる毎日の憂鬱から解放されています。また、すぎしらずの実を使用した方は「そもそも偏頭痛が来る回数が減った」「来ても以前のような重さを感じない」と体調的な克服を実感しています。
ずきしらずの実』は市販薬とは違い頭痛を一時的に止めるものではなく、偏頭痛が起こる「痛み」の原因をなくすため『体質的な実感』を得ることができます。 また、医薬品とは違い植物由来のハーブサプリメントなので体への負担がなく、安心して続けられます

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ