偏頭痛は我慢するしかない?原因を知れば偏頭痛緩和の方法がわかります!

多くの人が悩まされる偏頭痛。

頭が痛くなったらロキソニンを飲むという方も多いと思いますが、ロキソニンは偏頭痛にはあまり効果がありません。一方で緊張型頭痛の時にはロキソニンが有効です。

それでは、ロキソニンに頼らずに偏頭痛を緩和するにはどうすればいいのでしょうか?

まずは頭痛の種類を見分けることが大切

頭が痛いことでは同じですが、頭痛にもその原因によって種類があります。まず、耐えられないほどの強烈な痛みが襲う群発頭痛です。これは対処法を知るよりも、すぐに病院に行った方がいいので説明は省きます。

次に偏頭痛と間違いやすく、慢性頭痛のなかで一番多いのが緊張型頭痛です。緊張型頭痛は頭の両側を締めつけられるような痛みが特徴で、数分から数日間ダラダラと続きます。

偏頭痛のような、前兆や吐き気はあまりありません。一方で偏頭痛は月に1回から数回起こり、その痛みが1日中続きます。偏頭痛の典型的な症状は、頭の一部がズキンズキンと脈を打つような痛みです。

また偏頭痛は頭痛以外に、吐き気をもよおしたり、光や音、臭いに敏感になるなどの症状を伴うこともあり、閃輝暗点のような前触れがあることもあります。

種類によって頭痛が起こる原因が違います

偏頭痛の原因で一般的に多いのが、頭部の血管が拡張することによるものです。

なんらかの理由で頭部の血流が増えて血管が膨張し、その血管の周りにある脳の神経が圧迫され刺激を受けます。そして、この刺激により痛みを引き起こす炎症物質が放出され、血管の周りに炎症が起こり頭痛になります。

一方で緊張型頭痛は、身体的ストレスと精神的ストレスが重なることによって起こると考えられています。不自然な姿勢を長時間続けることや、体の冷えなどが身体的ストレスにあたります。

そのような状態が続くと、首筋から肩にかけての筋肉が収縮し頭痛を誘発します。また精神的ストレスも、神経や筋肉の緊張を高め緊張型頭痛の誘因となります。

緊張型頭痛に効いても偏頭痛にロキソニンは効きにくい

ロキソニンは、痛みや熱の炎症をしずめる作用があるので、筋肉の緊張やストレスなどで起きる緊張型頭痛には、効きやすいと言われています。一方で脳の血管が拡張することで起こる偏頭痛に、ロキソニンはあまり効果がありません。

ロキソニンは、痛みや熱の炎症をしずめる作用がある薬であり、脳内の血管を収縮させる効果はないためです。偏頭痛を緩和するには脳内の毛細血管の拡張を抑え、収縮させて安定させることが大切で、それにあった薬を処方してもらう必要があります。

緊急!今起こっている偏頭痛を緩和するためには?

脳の血管が拡張することで起こる偏頭痛を緩和するには、血管を収縮させるのが手っ取り早い方法です。それには頭部を冷すことです。頭を冷やして血管を収縮させることで、頭痛が緩和します。

冷やす部分は偏頭痛が起こっている場所か首の後ろがいいでしょう。首の後ろには太い頸動脈があり、そこを冷やすことで頭部に送り込まれる血液を冷やし、頭部全体の血管を収縮させられます。

冷やすものがない時は、ハチマキを頭にまくと対処療法的に偏頭痛が抑えられます。ハチマキが頭部の血管を圧迫し、血液の流れを停滞させることで頭痛が治まります。こめかみにある血管を指で圧迫することも効果的です。

偏頭痛が起きている日は、コーヒーや緑茶、紅茶などをいつもより大目に飲むと頭痛がおさまりやすくなります。カフェインが脳の神経系に働きかけ、血管を収縮させる効果があるからです。

ただし、緊張型頭痛の場合は、カフェインの血管収縮作用によって頭痛が悪化する可能性があるので注意が必要です。

頭が痛いならやすんでしまおう。休む時にも注意が必要です

偏頭痛の原因として、血管の拡張とともに自律神経の乱れも挙げられます。

自律神経が乱れて交感神経が過敏になり、それが頭部の神経を刺激することで偏頭痛を発生させるからです。自律神経の乱れで偏頭痛が起こっている場合、思い切って静かに休んでしまうのもいいでしょう。

体を休めて副交感神経を活発化させることにより、交感神経を静まるからです。ただし、完全に眠ってしまってはいけません。完全に眠ってしまうと、体がリラックスし過ぎてしまい、血管が拡張されるため、さらに頭痛が悪化することがあるからです。

ガンガン!と突然やってくる偏頭痛から解放されたい方へ

偏頭痛を元から改善する革命的なサプリメント「ずきしらずの実」

ガンガン!と突然やってくる重たい嫌な感じに悩んでいるのはあなただけではありません。すぎしらずの実を使用した90%以上のモニターの方が偏頭痛からくる毎日の憂鬱から解放されています。また、すぎしらずの実を使用した方は「そもそも偏頭痛が来る回数が減った」「来ても以前のような重さを感じない」と体調的な克服を実感しています。
ずきしらずの実』は市販薬とは違い頭痛を一時的に止めるものではなく、偏頭痛が起こる「痛み」の原因をなくすため『体質的な実感』を得ることができます。 また、医薬品とは違い植物由来のハーブサプリメントなので体への負担がなく、安心して続けられます

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ