まさかコーヒーが悪化の原因?緊張性頭痛の方、要注意!!

慢性的な頭痛の中で多いのが緊張性頭痛です。頭痛により仕事や学業の効率が落ちてしまうことありますよね。

気を付けないと、さらなる症状の悪化を自ら招いてしまうことがあるかもしれません。

そのならないように、今回は緊張性頭痛とコーヒーとの関係についてみていきましょう。

緊張性頭痛はどうやって起こるの?

緊張性頭痛の原因はいくつもありますが、不自然な姿勢で長時間いる時や冷え性の場合、身体的なストレスとなり頭痛を誘発する一因となります。

身体的ストレスにより首筋、肩が緊張した状態になると筋肉が収縮し、いわゆるこった状態となります。そしてそのような状態になると血流が悪くなり、疲労物質が溜まっていきます。

この疲労物質が神経を刺激し、頭痛が起こるのです。つまり、身体的ストレスによる緊張性頭痛は血管がギュっと狭まることにより引き起こされるのです。

コーヒーが体に及ぼす影響とは?

頭痛に悩んだことのある方は、コーヒーが頭痛に効くという言葉を聞いたことがあるかもしれません。しかし、すべての頭痛にこれが当てはまるわけではありません。

コーヒーに含まれるカフェインには体内に入ると血管を収縮させる作用があります。そのためどういった機序で頭痛が起きているのかによって効果が変わってくるのです。

緊張性頭痛の人がコーヒー飲むとどうなるの?

頭痛と一言でいっても、偏頭痛や、今回取り上げている緊張性頭痛、二つが混合している頭痛など様々な種類があります。

緊張性頭痛は前述している通り、血管が収縮することにより起こりますが、偏頭痛は逆に、血管が拡張することで起こる頭痛です。コーヒーが効果あると言われるのは血管が拡張した状態にある偏頭痛です。

緊張性頭痛の方がコーヒーを飲むと、収縮していた血管がさらに収縮し、症状の悪化を招くことがありますので注意が必要です。

他にも気を付けた方がいい飲食物はある?

コーヒー以外にもカフェインを含む飲食物はいくつかあり、紅茶やココア、チョコレートなどにも含まれています。

緊張性頭痛が起こっている時には、なるべくカフェインの入っているものの摂取は避けた方がいいでしょう。コーヒーは日常生活に浸透し、よく口にする飲み物ですが、緊張性頭痛をもっている人にとっては大敵となる時もあります。

頭痛の種類によっては、コーヒーが効果的なこともありますが、もし自分の頭痛のタイプがわからないようであれば頭痛時はなるべく摂取しないことをお勧めします。症状の悪化を自ら招いてしまわないように日頃から気を付けて生活していきましょう。

ガンガン!と突然やってくる偏頭痛から解放されたい方へ

偏頭痛を元から改善する革命的なサプリメント「ずきしらずの実」

ガンガン!と突然やってくる重たい嫌な感じに悩んでいるのはあなただけではありません。すぎしらずの実を使用した90%以上のモニターの方が偏頭痛からくる毎日の憂鬱から解放されています。また、すぎしらずの実を使用した方は「そもそも偏頭痛が来る回数が減った」「来ても以前のような重さを感じない」と体調的な克服を実感しています。
ずきしらずの実』は市販薬とは違い頭痛を一時的に止めるものではなく、偏頭痛が起こる「痛み」の原因をなくすため『体質的な実感』を得ることができます。 また、医薬品とは違い植物由来のハーブサプリメントなので体への負担がなく、安心して続けられます

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ