脈打つような血管の拡張が原因?日頃の生活習慣で偏頭痛の痛みは抑えられる! 女性 32歳 T.I.さん

扁桃腺が大きく発熱するとすぐに高熱になるため、日頃から早寝を心掛けて体力の温存と維持には気を使っているつもりでした。

しかし、32歳の梅雨の時分に初めて頭の上部左半分が脈を打つようにガンガンという痛みを感じました。

インターネット検索で原因が分かる

発熱時の頭痛以外とは無縁の生活だったので、驚いてパニックになりました。

偏頭痛という名称は知っていたので「偏頭痛梅雨」で検索すると様々な事例が出てきて自分もそのうちの一人だと分かりました。もちろん確信があったわけではなく、手のしびれや嘔吐感・呼吸が苦しい等の症状はなく、脳や心臓の病気ではないと思っただけで気持ちがスッと楽になりました。

初めての偏頭痛に対する自分なりの対処法

ただ眩暈もしていて立って居られず、ベッドに横になって仰向けでも痛みは収まらなくて横向けになりました。身体の左半分を下にすると脈打ちに重みが加わるような痛みになり、右半分を下にすると脳みそが頭蓋骨に当たるような痛みを感じました。

ただ、横たわることで精神が落ち着いたので手元にあったロキソニンを飲んで眠りました。

病院で診察と検査を受けて確認する

後日、半休を取って病院に行きCTを取って検査をしたり診察を受けました。一度しかない事例だったので明白な原因はわからないけれども「気圧の変化や低気圧の接近による不調」と言われました。

その後、夏から秋にかけて台風の接近に伴い頭痛がほぼ確実に起こるようになりました。なぜ急に偏頭痛が起こるようになったか分かりませんが、主人と別れたり職場の異動など精神的につらい日々が続いていたので無意識のうちに体力が低下していたことが一因だと思います。

日々の生活で気を付けていること

できるだけ睡眠時間を削らないようにする、天気予報は前日夜に必ず確認する、頭痛薬はお財布に入れて必ず持ち歩くという3点に気を付けています。特に生理前後とお天気の悪い日が重なると確実に偏頭痛が起こる体質を把握しているので、「危ないな」と思ったら8時間以上の睡眠と飲酒を控えるだけで体調がグッと楽になるようになりました。

特に雨の日の頭痛は血管の拡張による原因が多く、飲酒をするとさらに拡がるので避けるべきだと認識しています。

ガンガン!と突然やってくる偏頭痛から解放されたい方へ

偏頭痛を元から改善する革命的なサプリメント「ずきしらずの実」

ガンガン!と突然やってくる重たい嫌な感じに悩んでいるのはあなただけではありません。すぎしらずの実を使用した90%以上のモニターの方が偏頭痛からくる毎日の憂鬱から解放されています。また、すぎしらずの実を使用した方は「そもそも偏頭痛が来る回数が減った」「来ても以前のような重さを感じない」と体調的な克服を実感しています。
ずきしらずの実』は市販薬とは違い頭痛を一時的に止めるものではなく、偏頭痛が起こる「痛み」の原因をなくすため『体質的な実感』を得ることができます。 また、医薬品とは違い植物由来のハーブサプリメントなので体への負担がなく、安心して続けられます

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ