緊張型頭痛を治すには?痛みとの付き合い方を見つけること!

偏頭痛の原因が究明され、あの痛みがこの世からなくなったらどれだけ人生が楽しくなるでしょう!

こんなに医学が進歩しても、残念ながらまだ原因がわからない病気が多くあるのです。でも、偏頭痛は命にかかわる病気ではないということは救いです。

緊張型頭痛は時間、場所を選ばないで起きます

緊張型頭痛は血管が広がる時に起きる頭痛で、血管拡張型頭痛とも言われます。

心臓の鼓動と共に「ズキンズキン」とうずきます。発作が起きるとどうしようもなくて、嵐が通り過ぎるのを待つしかありません。とてもつらい痛みですが、発作がおさまるとうそのようになくなります。

どんな時に起きるのか、時間も場所も痛みの長さもその時々で違うので予防が出来ないのです。さらにその痛みは1日に何回も起きることもあれば、全く痛くない日もあります。

そんな繰り返しが1か月くらい続くのですが、いつの間にか痛みはなくなっているのです。痛みがなくなるといつも通りの生活が送れるので、病院に行くのが先送りになるようです。

頭痛は体内からのSOSなので侮らないでください

すぐに治るからと侮らないでください。頭痛は睡眠不足でも起きれば、肩こりでも起きます。女性の場合は生理でも。そんな頭痛は鈍痛で区別できますが、怖いのはくも膜下出血や脳に異状があった時の頭痛と偏頭痛が区別できない時です。

頭痛で我慢できない時はまず病院に行くことが第一です。昔は脳波やCTで検査をしてもらいましたが、今の時代はMRIなどの画像ですぐにわかると思います。偏頭痛は名前の通り、頭の片側が痛むので慣れてくると自分でも区別できます。

でも痛みがあるのは体のどこかで悲鳴をあげているのだから、なんとかしなければなりません。

我慢できない時に痛みを軽減する方法について

偏頭痛と診断されたら薬を処方してくれます。この頭痛は前兆がある人もいるようですが、突然やってきます。

予防する薬はなく、先生は「痛くなりそうになったらすぐ飲みなさい」と言います。痛くなってしまっては効かないのです。夜中に痛みで目が覚めることもあるでしょう。その時は氷で患部を冷やすのが効果的です。

また、痛みが長引くときは病院に行くと点滴をしてくれます。ずっと痛みが続くわけではないし命にかかわる病気ではないので、あまり気にせず気長に付き合わなければならないと思えば気が楽になるはずです。

ガンガン!と突然やってくる偏頭痛から解放されたい方へ

偏頭痛を元から改善する革命的なサプリメント「ずきしらずの実」

ガンガン!と突然やってくる重たい嫌な感じに悩んでいるのはあなただけではありません。すぎしらずの実を使用した90%以上のモニターの方が偏頭痛からくる毎日の憂鬱から解放されています。また、すぎしらずの実を使用した方は「そもそも偏頭痛が来る回数が減った」「来ても以前のような重さを感じない」と体調的な克服を実感しています。
ずきしらずの実』は市販薬とは違い頭痛を一時的に止めるものではなく、偏頭痛が起こる「痛み」の原因をなくすため『体質的な実感』を得ることができます。 また、医薬品とは違い植物由来のハーブサプリメントなので体への負担がなく、安心して続けられます

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ