高校の部活引退後から偏頭痛に!対策は睡眠をしっかりとること 26歳 F.N.さん

偏頭痛になったのは高校3年生の部活を引退した直後のことでした。激しい部活をいきなりやめてすぐに偏頭痛になり始めました。

その偏頭痛は短大や就職しても続いています。年々ひどくなり、出産を機に落ち着いています。

一番ひどかったのは短大時代と就職して1、2年目の時でした。頭痛から始まり、気持ち悪さがきてひどいときには嘔吐までありました。

部活を引退したのをきっかけに、こんなにまでなるとは思っていませんでした。

どういうときに偏頭痛がくるのか

偏頭痛がきそうな時は、だいたい天気が悪くなる時です。曇りとか、大雨の前とか台風がくる前とか、気圧の変化があるときに重なっている時が多い気がします。

次に疲れがたまっている時もきます。睡眠不足や肩こりや運転による目の疲れなどがたまったときに、体がだるくなったりして偏頭痛がくるときがあります。

ちなみにくるときは朝起きたときに今日きそうだなというのがなんとなくわかります。そのときはだいたい偏頭痛が来てお昼から夕方にかけてゆっくりひどくなります。

偏頭痛になった時にはどう対処しているのか

偏頭痛なった時は最初に食事の量の調節をします。食べ過ぎないように少量にしておきます。あまり吐かないようにするためです。

気持ち悪くなる前に甘いものを食べます。甘いものを食べることでなんとなく痛みが和らぐ気がします。

ひどい偏頭痛が来てしまったときは、頭痛だけならば出来る限り休みます。目をつぶってやすむか寝られる時は寝ます。吐き気があるときは全部残らず出します。

病院に行って薬をもらいましたが、頭痛しか効かなかったので、気持ち悪い時には全部出すと楽になります

睡眠をしっかりとることが一番の治療法

これといった治療法はありませんが、一番は病院にいって検査をしたり薬を飲み続けるのがいいのだと思います。しかし私には薬を強くしてもらいましたが効きませんでした。

楽になるためには甘いものを食べて最低限防ぐか、偏頭痛になってしまったら吐くしかありません。また、ならないために疲れをためない。ストレッチなどをして体をほぐしたりする。

睡眠をしっかりとることが一番の治療法
だとおもっています。疲れを溜めないことで軽減されつつあるのでこれからも続けたいと思います。

ガンガン!と突然やってくる偏頭痛から解放されたい方へ

偏頭痛を元から改善する革命的なサプリメント「ずきしらずの実」

ガンガン!と突然やってくる重たい嫌な感じに悩んでいるのはあなただけではありません。すぎしらずの実を使用した90%以上のモニターの方が偏頭痛からくる毎日の憂鬱から解放されています。また、すぎしらずの実を使用した方は「そもそも偏頭痛が来る回数が減った」「来ても以前のような重さを感じない」と体調的な克服を実感しています。
ずきしらずの実』は市販薬とは違い頭痛を一時的に止めるものではなく、偏頭痛が起こる「痛み」の原因をなくすため『体質的な実感』を得ることができます。 また、医薬品とは違い植物由来のハーブサプリメントなので体への負担がなく、安心して続けられます

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ