偏頭痛の症状が出る時は「寝不足」と「便秘」だった 43歳 T.F.さん

私のいままでの偏頭痛で悩まされた体験を綴ります。

偏頭痛がはじまった時期は定かな記憶ではありませんが、幼少時代や学生時代に偏頭痛になった記憶はあまりありません。学校の保健室にお世話になったことはあっても、けがや生理痛などが主だったと思います。

偏頭痛が始まりだしたのは社会人になって

社会人になって働きだしてから偏頭痛が多くなってきたように思います。ただ昔のことはあまり覚えていないので、もしかすると幼少時代から偏頭痛があったのかもしれません。母は昔から頭痛持ちで母親譲りなのかなとも思います。

最近はあまり偏頭痛が頻繁に起こらなくなってきましたが、時折激しい頭痛が起こります。頭痛と吐き気が同時にこることもあり、はっきりした原因はわかりません。頭にドンドンと激しい鼓動の用な響きがあるときもあり、とても苦しい思いになります。

どういう時に偏頭痛がでるか?

基本的に自分でわかっているのは、寝不足の時便秘になっている時が主です。逆に頭痛になると寝不足や便秘があるというお知らせみたいに感じます。

あとは、暑い時期に外でスポーツや、バーベキューなどで楽しんだあとに夕方ぐらいから発生することが最近でもあります。炎天下でその場所にずっといなくても、暑く感じる部屋や空間で遊んだり作業しているとき、またはその後になるときもあります(これは熱中症かもしれませんが…)。

昔の方が痛みの激しさが強く、薬をのまないといけなかったですが、ここ何年かは薬にたよるまでの痛みはないです。(といいますか、薬嫌いになったのであまりのみたくないためです)

私が下片頭痛の治療は?

もしかしたら脳に異常があるのではないかと心配になり、数年前に精密検査をうけたことがありますが、異常はなく心配ないとのことでした。

やはり自分の体は自分で理解しているのか、寝不足、便秘などにならないように日々気をつけています。しかし、なかなか規則正しい生活ができていないためか、やはりたまに発生します。一夜寝れば大抵は次の日には治っているので、早めに休息をとって治します。

あと、原因があるとすれば、呼吸が浅い時になるのではないかと思います。ストレスを感じているときは浅い呼吸になるのだそうで、これも一因かもしれません。

ガンガン!と突然やってくる偏頭痛から解放されたい方へ

偏頭痛を元から改善する革命的なサプリメント「ずきしらずの実」

ガンガン!と突然やってくる重たい嫌な感じに悩んでいるのはあなただけではありません。すぎしらずの実を使用した90%以上のモニターの方が偏頭痛からくる毎日の憂鬱から解放されています。また、すぎしらずの実を使用した方は「そもそも偏頭痛が来る回数が減った」「来ても以前のような重さを感じない」と体調的な克服を実感しています。
ずきしらずの実』は市販薬とは違い頭痛を一時的に止めるものではなく、偏頭痛が起こる「痛み」の原因をなくすため『体質的な実感』を得ることができます。 また、医薬品とは違い植物由来のハーブサプリメントなので体への負担がなく、安心して続けられます

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ