日頃の準備で差が出る!私の偏頭痛対処法は? 33歳 T.N.さん

現代人に多い病気、偏頭痛。ストレスや疲れ、ホルモンバランスの乱れなど、その原因はさまざまです。私の偏頭痛は大学生ごろからはじまりました。

風邪とは違い、突然おそってくるため対処に困っていました。出先で痛くなってしまった場合は歩くのもままならず、頭を抱えて必死に痛みと吐き気と戦っていたこともあります。

この病気は特に女性に多いといいます。女性ホルモンも関係しているようです。ここれは私の偏頭痛の症状や対処法をご紹介します。

私の偏頭痛の症状は?

なんとなく頭がぼんやりするな、程度の違和感から始まります。その状態が1、2時間ほど続き徐々に痛みが増していきいます。

だいたい痛くなるのは頭全体ではなく左こめかみ奥あたりです。頭の中をかちわられるかのような痛みになり、照明の光はもちろんのこと、テレビや携帯電話の光さえもまぶしく感じられます。

そして、吐き気をもよおし、はいてしまうこともあります。歩くこともままならず、横になったり、机に伏せて休みたくなるほどの痛みです。

私の偏頭痛の対処法は?

偏頭痛が来てしまってから対処するのであれば、できるだけ早いほうがよいです。

まずは鎮痛剤を飲みます。今は即効性のある鎮痛剤もドラッグストアで購入できます。服用後30分~1時間で痛みがひいていくのがわかるでしょう。

また、目を閉じて光の刺激を受けないようにするとよいです。そのため、横になって寝られる環境の場合は寝るようにしています。一度寝るとすっきりします。

しかし、寝入るまでに頭が痛すぎてなかなか寝付けないということがよくあります。そういった場合は氷枕や保冷材を用意し、痛みがでている部分と、首の下周辺にあてます。痛みが少し引き、楽になりますので、眠りやすくなります。

事前に偏頭痛を予防、予知するには?

偏頭痛を繰り返しているとだんだんと偏頭痛がおこりそうなときがわかってきます。私の場合、排卵日周辺がそうです。そのため、基礎体温をしっかりはかり、排卵日がいつごろなのかをチェックし、それに備えて薬などを用意しています。

また、低気圧が来る前も偏頭痛が起こりやすいので天気予報をチェックすることも欠かしません。それから、お茶やコーヒーの摂取が少なくカフェイン不足の日も偏頭痛になりやすいので、カフェインののはいった飲み物をできるだけのむようにしています。

ガンガン!と突然やってくる偏頭痛から解放されたい方へ

偏頭痛を元から改善する革命的なサプリメント「ずきしらずの実」

ガンガン!と突然やってくる重たい嫌な感じに悩んでいるのはあなただけではありません。すぎしらずの実を使用した90%以上のモニターの方が偏頭痛からくる毎日の憂鬱から解放されています。また、すぎしらずの実を使用した方は「そもそも偏頭痛が来る回数が減った」「来ても以前のような重さを感じない」と体調的な克服を実感しています。
ずきしらずの実』は市販薬とは違い頭痛を一時的に止めるものではなく、偏頭痛が起こる「痛み」の原因をなくすため『体質的な実感』を得ることができます。 また、医薬品とは違い植物由来のハーブサプリメントなので体への負担がなく、安心して続けられます

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ