女性に多い辛い偏頭痛の原因は何か?簡単にできる治し方とは?

見た目にはわかりにくいけれど本人はとても辛いのが偏頭痛です。

最近は偏頭痛持ちの人が増えていると言われていて現代病化しつつありますが、偏頭痛の原因を正しく理解すれば、痛みを和らげることもできるし、予防もできるようになります。

薬に頼らず偏頭痛を乗り気るために何をすべきかを考えていきます。

偏頭痛はなぜ起こるのか?その原因とはなにか

偏頭痛の原因は何かきっかけがあり、脳の血管が拡張することで脈打つような痛みが発生します。脳の血管が拡張すると頭に多く存在する神経を圧迫しだし、三叉神経と呼ばれる特に大きな神経を強く圧迫し、刺激することで痛みの元である神経ペプチドが放出され血管に炎症ができてしまいます。

この刺激が脳に伝わり頭痛として認識されるようになります。血管が拡張してしまう原因としてはストレスやホルモンバランスや生活習慣の乱れ、肩こりや目の疲れなどでもきっかけになってしまいます。

そして緊張からくる症状で偏頭痛を起こすことを緊張型偏頭痛と呼びます。

なぜ偏頭痛は男性ではなく女性に多いのか?

偏頭痛に悩む人は男性よりも女性の方が多いとされています。これは女性が月経周期に合わせてホルモンのバランスを崩しやすいからだと言われています。

月経2日前から月経3日目までに女性ホルモンであるエストロゲンの分泌量が急激に低下し、この変化で偏頭痛を起こしてしまいます。また月経の痛みによるストレスでも緊張型偏頭痛を起こす人もいます。

エストロゲンは頭痛に関係が深く、分泌の変化が少ない妊娠中は偏頭痛を起こしにくいと言われています。

今すぐ自分でできる偏頭痛の簡単な治し方

偏頭痛は血管の拡張による神経の圧迫が痛みの原因なので、市販の頭痛薬は聞きにくいとされています。

しかし、痛みを和らげて早く偏頭痛を治める方法はいくつかあります。炎症を起こしている偏頭痛の場合は頭痛が起こっている箇所を冷やす事、緊張型の場合は逆に温めると炎症が収まり痛みが引いていきます。

偏頭痛は頭を圧迫いて血流の量を制限すると炎症が収まるので、あまたに適度な圧迫をかけられる鉢巻きやきつめのカチューシャなどをしても効果的です。さらに、耳の後ろある骨の膨らみにある完骨というツボは偏頭痛にも緊張型頭痛にも効き、場所や物を必要としないので簡単に対策ができます。

ガンガン!と突然やってくる偏頭痛から解放されたい方へ

偏頭痛を元から改善する革命的なサプリメント「ずきしらずの実」

ガンガン!と突然やってくる重たい嫌な感じに悩んでいるのはあなただけではありません。すぎしらずの実を使用した90%以上のモニターの方が偏頭痛からくる毎日の憂鬱から解放されています。また、すぎしらずの実を使用した方は「そもそも偏頭痛が来る回数が減った」「来ても以前のような重さを感じない」と体調的な克服を実感しています。
ずきしらずの実』は市販薬とは違い頭痛を一時的に止めるものではなく、偏頭痛が起こる「痛み」の原因をなくすため『体質的な実感』を得ることができます。 また、医薬品とは違い植物由来のハーブサプリメントなので体への負担がなく、安心して続けられます

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ