偏頭痛にマッサージは厳禁!痛みが起こったらゆっくり休むのがベスト

頭がズキズキと痛むと、なんとかして痛みをなくしたいと思うもの。

痛みを落ち着かせるために、頭や肩を無意識にマッサージしていませんか?

実は、痛みのタイプによってはその行為がますます頭痛を悪化させてしまうことがあるんです。

マッサージ厳禁の頭痛症状を知っておこう

偏頭痛には、マッサージすることで痛みが軽くなるタイプと、マッサージしたせいで痛みが激しくなるタイプの2つがあります。

見分け方は痛みの出方です。マッサージが適しているのは、キューッと頭の周囲を締め付けるような痛みのタイプ。緊張性頭痛と呼ばれるもので、筋肉疲労が原因で起こりやすいものです。

マッサージが厳禁なのは、女性に多い偏頭痛タイプ。ドクッ、ドクッと心臓の音に合わせるようにして痛みが拍動するのが特徴です。偏頭痛タイプは、マッサージしてはいけません。

マッサージすると血流が促進されてしまい、ますます痛みが激しく、長引きます。偏頭痛が起こったら、血流を良くするような行為は控えること。とにかくおとなしくして、動かないのがベストです。可能なら、横になって痛みが治まるまで休みましょう。

偏頭痛が起こりやすいのはこんな場所

偏頭痛が起こりやすい場所があります。一度起こると短くて数十分、長い場合は数日にわたって痛みが続く偏頭痛は、予防するのが一番です。

特に注意したいのは、パチンコ店や工事現場など、音の大きな場所。耳から入る刺激が脳に影響して、偏頭痛の症状を悪化させてしまう可能性があります。また、家電量販店など照明の明るい店舗も要注意。

目から入る光は脳の刺激になるので、編ずつを誘発する可能性が。痛みが起こっているときにはこれらの場所を避けるのはもちろん、今日は体調がすぐれないな…という時も避けた方が安心です。

偏頭痛の痛みは頭痛外来へ

偏頭痛の症状は悪化すると市販の頭痛薬では対処しきれません。痛みがひどくて何もできない、仕事や家事に支障が出ているという場合には、頭痛を専門に取り扱う頭痛外来の受診がおすすめ。

頭痛外来では精神的原因の痛みにも丁寧に対処してもらうことが出来ます。まだ数自体は多くないので、近くに頭痛外来があるかどうか調べたうえで受診するようにしましょう。

ガンガン!と突然やってくる偏頭痛から解放されたい方へ

偏頭痛を元から改善する革命的なサプリメント「ずきしらずの実」

ガンガン!と突然やってくる重たい嫌な感じに悩んでいるのはあなただけではありません。すぎしらずの実を使用した90%以上のモニターの方が偏頭痛からくる毎日の憂鬱から解放されています。また、すぎしらずの実を使用した方は「そもそも偏頭痛が来る回数が減った」「来ても以前のような重さを感じない」と体調的な克服を実感しています。
ずきしらずの実』は市販薬とは違い頭痛を一時的に止めるものではなく、偏頭痛が起こる「痛み」の原因をなくすため『体質的な実感』を得ることができます。 また、医薬品とは違い植物由来のハーブサプリメントなので体への負担がなく、安心して続けられます

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ