中学生の頃からズキズキと痛む偏頭痛!2つの対策と治療法で改善 35歳 B.H.さん

偏頭痛がはじまったのは中学生のころからでした。

それまでは頭痛とは無縁の生活をしていて、たまに頭が痛くなることはあっても病院にかかったり痛み止めを飲むほどではなかったので、日常生活に支障はありませんでした。

偏頭痛がおきる状況

私の偏頭痛のおきる状況はさまざまです。偏頭痛がはじまったころ(中学生のころ)は運動部に所属していました。運動している最中は大丈夫なのですが、運動を終えて家に帰ってゆっくりしているときなどにズキズキと痛みだします。

最近はデスクワークをしているため肩こりが酷く、肩こりや首こりをケアせずにしておくとしだいに頭のほうまで凝り固まってしまい、偏頭痛が起きます

長時間スクリーンや画面を見続けて目を酷使してしまったときにも起こります。

偏頭痛のときの対処法

偏頭痛のときの対処法は、もしも頭痛が始まってしまった場合は、家のなかなどであれば部屋の電気を暗くして目を休めて横になってゆっくりと休みます。

痛みが酷い場合は、薬をのんだらゆったりと身体を休めます。偏頭痛は天気や気圧、温度にも敏感です。

天気や気圧は自然現象なのでどうしようもないのですが、夏場なんかは特にエアコンの使いすぎによる偏頭痛も考えられます。なので部屋を冷やしすぎないように、一定温度に保つことが大切です。

偏頭痛の予防策

偏頭痛の予防策は2つあります。

ストレスを溜めない

まず一つ目はストレスをためないことです。ストレスは偏頭痛だけでなく、さまざまな病気の大敵です。

なるべくストレスをためないように、適度な運動などでうまく発散することが大切です。

規則正しい生活と食事

二つ目は規則正しい生活と食事です。生活リズムを一定にたもち、好き嫌いせずにバランスよく食べるようにします。

ワインやチーズなど偏頭痛にあまり良くない食べ物もあるので、人よりも少し控えめにすると良いと思います。

治療方法について

私の偏頭痛の治療方法は、まず大元の原因である肩こりや首こりの治療から入りました。

定期的に整体へ行き、コリが蓄積しないように揉みほぐしてもらったり、自分でも肩回しや耳回しをするように心がけました。

なかでも肩こり治療として行った電気針での治療が効果的でした。鍼灸院で肩など凝っている箇所に針を刺してもらい、微弱の電流を流していく治療方法です。

これらの治療方法にプラスして、普段の姿勢を良くすることやスマートフォンなどを見るときにも、うつむき加減にならないように注意することが大切です。

こうして徹底的に首こり肩こり治療をしたことによりつらち偏頭痛もかなり改善しました。

ガンガン!と突然やってくる偏頭痛から解放されたい方へ

偏頭痛を元から改善する革命的なサプリメント「ずきしらずの実」

ガンガン!と突然やってくる重たい嫌な感じに悩んでいるのはあなただけではありません。すぎしらずの実を使用した90%以上のモニターの方が偏頭痛からくる毎日の憂鬱から解放されています。また、すぎしらずの実を使用した方は「そもそも偏頭痛が来る回数が減った」「来ても以前のような重さを感じない」と体調的な克服を実感しています。
ずきしらずの実』は市販薬とは違い頭痛を一時的に止めるものではなく、偏頭痛が起こる「痛み」の原因をなくすため『体質的な実感』を得ることができます。 また、医薬品とは違い植物由来のハーブサプリメントなので体への負担がなく、安心して続けられます

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ