慢性頭痛の原因って何?原因がわかれば頭痛がなくなる

画像検査を受けても脳に異常があるわけでもなく、他に病気にかかっているわけでもないのに、しょっちゅう頭痛がするという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

それは慢性頭痛かもしれません。痛みが酷くなったら薬を飲めばいい、とほったらかしにしていませんか。

でも治るのならば治したいって思いますよね。

ここでは慢性頭痛の原因について解説していきます。原因が分かれば対処の仕方がわかります。

慢性頭痛の種類

先程も言ったように、慢性頭痛は検査をしても異常があるわけではありません。

ですからどうやって診断されるかというと、医師による問診なのです。そして慢性頭痛にはいくつかの種類があります。主にあげられるのは、偏頭痛、緊張型頭痛、群発頭痛の3つです。

それぞれに、痛み方に特徴があってその原因や対処方法も違います。これらが組み合わさった混合型もあるのです。それでは、その中のいくつかについて原因をみていきましょう。

偏頭痛の原因

偏頭痛は血管の拡張が原因で起こります。血管の拡張を引き起こす要因があって、それが自律神経に影響を与えます。すると血管が収縮したり拡張したりするリズムが乱れるのです。

血管の拡張を引き起こす要因とは、何なのでしょう。それは次のようなことです。生活習慣の乱れ、人ごみ、熱いお風呂、アルコール、月経(女性ホルモン)などがあります。実に日常のさまざまな場面に要因が潜んでいます。

ですが、これらは自分が気を付けることによって避けることのできるものが多いです。

緊張型頭痛の原因

緊張型頭痛は筋肉の緊張が原因で起こります。筋肉の緊張によって血流が悪くなり、痛みを感じる神経を刺激してしまうのです。

筋肉の緊張を引き起こす要因は、普段から姿勢が悪いこと、骨格や体型の歪み、首や肩のこり、目の疲れ、歯のかみ合わせ、ストレスなどがあります。現代人は、パソコンを長時間使用するなど、不自然な姿勢を長くとり続けることが多く、筋肉が常に緊張状態にあると言えます。

そして、ストレスも多く抱えているため、精神的な緊張も大きく影響しています。

まとめ

慢性頭痛の原因についていくつかみてきましたが、みなさんいかがでしたか。私たちの身の周りのさまざまなことが関係しているとお分かりいただけたと思います。

原因を引き起こす要因が分かったことで、予防のために何をすれば良いか、自分でできることが見つかったのではないでしょうか。少し気を付けるだけで改善できそうなこともありましたよね。

自分自身で対策を行いつつ、薬が必要なときには上手く利用しながら痛みと付き合っていくことが大切です。

ガンガン!と突然やってくる偏頭痛から解放されたい方へ

偏頭痛を元から改善する革命的なサプリメント「ずきしらずの実」

ガンガン!と突然やってくる重たい嫌な感じに悩んでいるのはあなただけではありません。すぎしらずの実を使用した90%以上のモニターの方が偏頭痛からくる毎日の憂鬱から解放されています。また、すぎしらずの実を使用した方は「そもそも偏頭痛が来る回数が減った」「来ても以前のような重さを感じない」と体調的な克服を実感しています。
ずきしらずの実』は市販薬とは違い頭痛を一時的に止めるものではなく、偏頭痛が起こる「痛み」の原因をなくすため『体質的な実感』を得ることができます。 また、医薬品とは違い植物由来のハーブサプリメントなので体への負担がなく、安心して続けられます

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ