偏頭痛の辛さをわかって!偏頭痛持ちがしている予防策と対処法 女性 47歳 M.K.さん

偏頭痛の辛さは未経験者にはわかりません。

偏頭痛持ちの私がその辛さや対処法を説明し、少しでもわからない人に理解してもらえればと思います。

小学生の時にすでに偏頭痛持ちになる

いつごろから偏頭痛があったかと思い返してみると、小学生の時にはすでに偏頭痛を経験していました。

こめかみのあたりが脈打つように痛み、やはりひどい偏頭痛持ちだった母に「頭が痛い」と言って子ども用の鎮痛剤を飲んでいた記憶があります。そして高校生のころには立派な偏頭痛持ちでした。

授業中に痛み出すと辛いので、制服のポケットにいつも鎮痛剤を忍ばせていました。母が言うには偏頭痛はホルモンバランスと深い関係があるため、これからずーっと続くはずだ、ということでした。

低気圧が来ている時には偏頭痛が出やすい

一番偏頭痛が出やすいのは、低気圧が来ている時です。昔から偏頭痛のことを「雨降り頭」といいますが、偏頭痛がはじまると、翌日雨が降ることが多いです。

今は気圧の変化を前もって確認できるスマホ用のアプリがあります。何だか頭が痛くなってきたな、と思いながらアプリを見ると低気圧が接近していて、己の頭の反応の良さにびっくりします。

他にはあまりにも寝すぎた日や、緊張が解けた休日にも偏頭痛が出ます。特に休日の偏頭痛はせっかくの休みが潰れてしまうので嫌になります。

うっすら痛くなってきた時点で偏頭痛薬を飲む

偏頭痛が起きる時は、やたらとあくびが出たりします。

また、閃輝暗点といって視界にぎらぎらとしたギザギザが見える前駆症状が出ることもあります。やたらとあくびが出る時点ですでにうっすらと頭が重く感じますし、閃輝暗点が出ればだいたい1時間以内に偏頭痛がはじまります。

私は来るな、とわかった時点で病院で処方された偏頭痛薬を飲みます。たいていはこれでひどくなることなく落ち着くのですが、飲むタイミングを間違えたりすると、ひどい目にあいます。

ひどくなってしまったら、音や光に過敏になるので、部屋を暗くしてひたすら横になるしかありません。職場でそうなったら、私は早退します。

偏頭痛を誘発するような食べ物は避ける

事前の予防策としては、やはり頭痛外来で処方された予防薬を飲んでいます。他には偏頭痛を誘発すると言われている赤ワインやチーズ、チョコレートなどはなるべく控えるようにしています。

その他には生理中にも偏頭痛が起きやすいため、婦人科で相談してピルを飲んでいます。やはりホルモンは密接に関係しているそうで、閉経するとほとんどの人は偏頭痛がなくなるということでした。

ガンガン!と突然やってくる偏頭痛から解放されたい方へ

偏頭痛を元から改善する革命的なサプリメント「ずきしらずの実」

ガンガン!と突然やってくる重たい嫌な感じに悩んでいるのはあなただけではありません。すぎしらずの実を使用した90%以上のモニターの方が偏頭痛からくる毎日の憂鬱から解放されています。また、すぎしらずの実を使用した方は「そもそも偏頭痛が来る回数が減った」「来ても以前のような重さを感じない」と体調的な克服を実感しています。
ずきしらずの実』は市販薬とは違い頭痛を一時的に止めるものではなく、偏頭痛が起こる「痛み」の原因をなくすため『体質的な実感』を得ることができます。 また、医薬品とは違い植物由来のハーブサプリメントなので体への負担がなく、安心して続けられます

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ