意外と知られていない?偏頭痛の原因とそれぞれの対処法

偏頭痛、近年では特に若い女性が悩まされているようですが、できるものならズキズキというあの痛みとは無縁に暮らしていきたいものですよね。

天候や環境、原因は人によってさまざまですが、自身はどのパターンなのかを理解し、偏頭痛の発生を予防&緩和する方法を知っておくことが大切です。ここではいくつかの例と、対処法を紹介します。

1.目が原因の偏頭痛

案外、知られていないのがこの目から発生する偏頭痛。偏頭痛に悩まされているあなたは、コンタクトレンズを利用していませんか?

また、カラーコンタクトレンズやサークルレンズをつけている人は要注意です。コンタクトレンズは目を覆っているため、空気と触れずに酸素不足になりがち。またカラーコンタクトやサークルレンズはその面積が通常のコンタクトレンズよりもやや大きめなので、いっそう目が乾燥しがちになります。

酸素不足とドライアイを発端に偏頭痛が発生することもよくあるのです。加えて、レンズの洗浄不足によってレンズから眼球に汚れが付着すると、結膜炎の原因になります。目と頭の位置は近いので、結膜炎から発生した目の痛みを偏頭痛と判断している人も多いです。

やや価格は高くなりますが、可能であれば通気性のよいワンデータイプのコンタクトレンズを使用すること、目薬で目のうるおいを保つことが目からの偏頭痛を防ぐベストな方法です。

2.ストレスが原因の偏頭痛

これを言ってしまえば、大抵の病気の原因はストレスだと言われる人も多いのですが、ストレスは偏頭痛の多くの原因の一つでもあります。毎日同じ作業をしていることからのストレス、精神的な悩みから発生するストレスが偏頭痛を誘発します。

考えることに頭を使いすぎて、頭が疲れてしまって痛みが発生するのです。同じ姿勢での作業が多い人はこまめにストレッチを取り入れて心身共に疲れをためないようにすること、頭を使わせすぎないように適度な休養とリフレッシュを心がけることは、一見ささいなことのように思われますが、実際にかなり偏頭痛の頻度と程度をおさえてくれる作用があります。

3.偏頭痛が発生してしまったら

偏頭痛に悩まされている方は、原因の把握のために一度病院で診察されることをおすすめします。眼科では目薬を処方してもらえることもありますし、気付かないうちに抱えているストレスが原因であることもあるからです。

また、原因が明確でなく、それでも痛みがおさまらない場合は市販の鎮痛剤を日常的に使用しても問題ありません。ぜひ、偏頭痛とおさらばして毎日快適に過ごしましょう。

ガンガン!と突然やってくる偏頭痛から解放されたい方へ

偏頭痛を元から改善する革命的なサプリメント「ずきしらずの実」

ガンガン!と突然やってくる重たい嫌な感じに悩んでいるのはあなただけではありません。すぎしらずの実を使用した90%以上のモニターの方が偏頭痛からくる毎日の憂鬱から解放されています。また、すぎしらずの実を使用した方は「そもそも偏頭痛が来る回数が減った」「来ても以前のような重さを感じない」と体調的な克服を実感しています。
ずきしらずの実』は市販薬とは違い頭痛を一時的に止めるものではなく、偏頭痛が起こる「痛み」の原因をなくすため『体質的な実感』を得ることができます。 また、医薬品とは違い植物由来のハーブサプリメントなので体への負担がなく、安心して続けられます

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ