慢性頭痛の3つの種類!緊張型頭痛・偏頭痛・群発頭痛の特徴とは?

繰り返し起こる慢性頭痛に悩ませれている方は多いです。

慢性頭痛の7割以上が、頭をギューッと締め付けられるように痛む緊張型の頭痛です。

他には、吐き気を伴う場合もあるズキズキとした痛みの偏頭痛と、目の奥がえぐらえれるような痛みを感じる群発頭痛とがあります。それぞれの特徴はどのようなものでしょうか。

頭が締め付けられるような痛み!緊張型頭痛の特徴とは?

慢性頭痛の中でも最も多い緊張型頭痛は、年齢や性別に関係なく発症しますが女性の割合が少し多いです。様々な悩みからくる精神的ストレスや、長時間の仕事による身体的ストレスが原因となります。

緊張型頭痛には、ときどき頭の痛みがある反復性緊張型頭痛と、毎日のように3か月以上に渡り頭痛が続く慢性緊張型頭痛とに分かれます。それぞれの症状に合わせた治療方法を行う必要があるでしょう。

こめかみあたりがズキズキ痛む!偏頭痛の特徴とは?

頭の片側又は両側のこめかみあたりがズキズキと脈打つように痛み、吐き気を伴う場合もあるのが偏頭痛です。20代から40代の女性に多く見られ、精神的なストレスやホルモンの変化が原因で起こります。

週に1~2回程度から月に1~2回程度まで起こる頻度は様々です。痛み出すと動くこともできなくなり仕事も手に付かなくなることがあります。ひどい時には寝込んでしまう場合もあるでしょう。

頭が痛くなる前に急に目の前がチカチカした光が現れたり、視野の一部が見えなくなるといった前兆が見られることもあるようです。

目がえぐられるような激痛!群発頭痛とは?

群発頭痛は、慢性頭痛の中でも極めて患者数が少ない頭痛です。ある一定期間に集中して激痛が走ることが特徴で、季節の変わり目に症状が出やすいです。

痛みの症状は1~2か月程続くことが多いです。頭痛を発症している期間を「群発期」と呼びます。群発期以外の期間は、頭痛の症状は全く出ることはありませんが、半年から2~3年程間隔をあけてまた群発期が訪れます。

群発頭痛は、目がえぐられるような痛みと例えられるほどの激痛です。痛みに我慢できずに壁に頭を打ち付ける人もいるそうです。20代から40代の男性に多く、原因は不明です。

まとめ

慢性的に頭痛が起こると、仕事も手につかなかったり、気分が落ち込んだりと嫌なものですよね。

頭痛に対して対策を行うためには、まずは自分がどのタイプの慢性頭痛なのかを理解する必要があります。緊張型頭痛、偏頭痛、群発頭痛のどの頭痛に当てはまるのか、頭痛の原因はどこにあるのかを確認して頭痛を改善していきましょう。

慢性頭痛だと思っていたが、実は症候性頭痛という脳や身体の病気が原因の場合もあります。気になる場合には一度、きちんと病院で診てもらう方が良いでしょう。

ガンガン!と突然やってくる偏頭痛から解放されたい方へ

偏頭痛を元から改善する革命的なサプリメント「ずきしらずの実」

ガンガン!と突然やってくる重たい嫌な感じに悩んでいるのはあなただけではありません。すぎしらずの実を使用した90%以上のモニターの方が偏頭痛からくる毎日の憂鬱から解放されています。また、すぎしらずの実を使用した方は「そもそも偏頭痛が来る回数が減った」「来ても以前のような重さを感じない」と体調的な克服を実感しています。
ずきしらずの実』は市販薬とは違い頭痛を一時的に止めるものではなく、偏頭痛が起こる「痛み」の原因をなくすため『体質的な実感』を得ることができます。 また、医薬品とは違い植物由来のハーブサプリメントなので体への負担がなく、安心して続けられます

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ