気圧が原因?偏頭痛と雨の日の関係について知ろう!

「雨の日には頭が痛くなる」と感じる人が多いことを知っていますか?

これからは梅雨の季節となりますが、実際に長く雨の続く季節は頭痛に悩まされる人が増えるのです。そしてそれは多くの場合、偏頭痛であるといわれているのです。

そこで今回は偏頭痛と雨の関係について、そのメカニズムを詳しく説明します。

低気圧が原因?雨と偏頭痛の意外な関係

まずは偏頭痛が起こる原因と雨の関係について、そのメカニズムを説明します。

犯人は「気圧」?

雨が偏頭痛の原因だといわれても、多くの人はピンと来ないでしょう。ですが頭痛と雨という現象には、強くはありませんが確かに相関関係があり、雨の日は頭痛を訴える人が増えるのは確かなのです。

これはどうしてかといえば、雨という現象そのものが頭痛の原因となっているわけではなく、天気の変化(=気圧の変化)こそが頭痛の引き金となってしまうのです。より具体的には、この「気圧の変化」が脳の血管に影響を与えて、それが偏頭痛の症状として表れるのです。

偏頭痛は「血管」の拡張によって起こる

そもそも偏頭痛というのは、私たちの頭の血管が何らかの理由によって拡張し、それが周囲の神経を圧迫したり引っ張ったりして痛みが出るものとして知られています。

この「血管の拡張」をもたらす原因は様々あり、食事やマッサージ、あるいはストレスなども拡張の原因とされています。しかし残念ながら、そのあたりの詳しいメカニズムはいまだに完全には解明されていません。

この「血管の拡張」の原因の一つが天候の変化、即ち「気圧の変化」なのです。

意外と単純だった?気圧と脳の血管の関係

次に、偏頭痛と大きな関係があると考えられる「気圧」について説明します。

「気圧」ってどういうこと?

私たちも子供の頃に学校で習ったことですが、気圧というのは空気の圧力のことであり、これが地面に重さとして常にのしかかっています。空気自体にも重さがありますから、それが地上に近づけば近づくほど、その重さによって圧力がかかるわけです。

そして私たちが普段口にする「高気圧」や「低気圧」というのは、地面にかかる圧力の程度のことであり、高気圧のときはその圧力が高くなり、低気圧になるとそれが低くなるのです。

雨の日は「低気圧」

この低気圧の下ではいわゆる「上昇気流」が発生しやすくなるために、空には積乱雲が出来やすくなり、これが雨の原因となります。このあたりは子供の頃に理科の時間で勉強したことを覚えている人も多いでしょう。低気圧になると雨になりやすいのです。

そして低気圧になると、私たち自身にかかる空気の圧力も相対的に低くなってしまいます。それが私たちの脳の血管に影響を与えてしまい、偏頭痛の引き金となるのです。

低気圧は恐ろしい?気圧の変化の血管の拡張

続いて、気圧の変化と血管の拡張のメカニズムについて簡単に説明します。

圧力が低下すると血管が拡張する

低気圧によって、普段私たちの全身にかかっている空気の圧力が相対的に低下することになります。すると、それまで空気圧によって僅かに抑えられていた私たちの全身の血管が拡張することになります。

もっとも、その拡張の度合いは僅かなものです。それほど大げさな話ではありません。しかしその「僅か」な血管の拡張が脳の神経に影響を及ぼしてしまうこともあります。気圧の変化によって引き起こされる偏頭痛はこれが原因なのです。

梅雨の日は一日中頭痛に見舞われることも

特に梅雨の季節は低気圧の状態が一日中続くこともあるため、人によっては一日中偏頭痛の症状に見舞われてしまう人もいます。事実、多くの偏頭痛持ちの人が気圧の変化による頭痛に悩まされていますが、その具体的なメカニズムや原因について知っている人はそれほど多くはありません。

他に確たる原因が考えられなければ、こういった気圧の変化を疑ってみることも必要でしょう。

頭痛以外も要注意?低気圧がもたらす様々な症状

実は低気圧のもたらす身体への影響は偏頭痛だけにとどまりません。ここでは頭痛以外の影響について説明します。

頭痛以外にも、いろいろな症状が出ることがある

そして低気圧がもたらす体調の変化は頭痛だけに留まりません。人によって身体に様々な不調が出てくる可能性があるのです。具体的には以下のようなものです。

    <低気圧がもたらす様々な不調>

  • 抑うつ(気分が落ち込む)
  • めまいがする
  • 日中に眠くなる
  • 何となく身体がだるい

こういった症状に悩む人が、特に低気圧の日に出てきます。心当たりのある人は、具体的にどういう症状が出るのかを思い返してみましょう。

自律神経の乱れに注意!

また、これらの多くは「自律神経」の乱れによって引き起こされます。特に憂鬱になったり一つの物事に集中できなくなったりするケースはこの自律神経が大きく影響しており、人によって様々な症状が表れてきます。特に原因がわからないのに、何となく身体の調子が優れないとき、実は低気圧が原因だったということは少なくないのです。

気圧の変化に負けない!自分なりの対処方法を身につける

これまで気圧の変化がいかにして偏頭痛や身体の不調に影響しているのかを説明してきましたが、最後にそういった環境の変化に負けないための対策について説明します。

低気圧対策を考えておこう

残念ながら気圧の変化は完全に自然現象ですから、私たち自身の手で根本的な解決をはかることはできません。ですが、予め対策を考えておくことはできます。

既に説明しましたが、雨の日に起こる偏頭痛は低気圧による自律神経の乱れや血管の拡張が原因です。低気圧そのものはどうしようもなくても、この「血管の拡張」に関しては様々な対応が可能でしょう。その代表例が安静にして頭部を「冷やす」ということです。

痛みがひくまで安静にしておく

頭部の側面やこめかみ、あるいは首筋を冷やすことによって血管の拡張を抑え、痛みを和らげることができるのが偏頭痛の特徴です。これは気圧の変化にかかわらず出来ることですから、症状が出たら安静にして濡れタオルなどを使って頭部を冷やしてみましょう。

そして激しい運動などはせずに、ベッドに横になるなどして痛みが治まるまで安静にしておきましょう。こういった基本的な対処法が結局は有効になるのです。

まとめ

梅雨の季節は、天気や気圧という人間にはどうすることもできない現象に悩まされてしまいがちです。

しかし私たちの身体に起こる変化を理解し、適切に対処することによって偏頭痛の症状を緩和することができます。原因がわからないといって我慢するだけでなく、積極的に自分で原因を探し出し、自分なりの対処法を見つけることが大事なのです。

ガンガン!と突然やってくる偏頭痛から解放されたい方へ

偏頭痛を元から改善する革命的なサプリメント「ずきしらずの実」

ガンガン!と突然やってくる重たい嫌な感じに悩んでいるのはあなただけではありません。すぎしらずの実を使用した90%以上のモニターの方が偏頭痛からくる毎日の憂鬱から解放されています。また、すぎしらずの実を使用した方は「そもそも偏頭痛が来る回数が減った」「来ても以前のような重さを感じない」と体調的な克服を実感しています。
ずきしらずの実』は市販薬とは違い頭痛を一時的に止めるものではなく、偏頭痛が起こる「痛み」の原因をなくすため『体質的な実感』を得ることができます。 また、医薬品とは違い植物由来のハーブサプリメントなので体への負担がなく、安心して続けられます

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ