偏頭痛発生条件で痛みを回避せよ!そして力技で痛みを押さえ込め! 女性 24歳 S.H.さん

脈打つような不快な痛みが続く偏頭痛。

寝込んでしまうほどの痛みもあれば、かろうじて作業が出来る範囲の痛みまで、症状は様々です。

どちらにせよ不快なことには変わりないので、出来れば味合わいたくないものです。

そうならないためにも、ご自身の偏頭痛と向き合い、原因や傾向を知ることで、偏頭痛を未然に防いだり、症状を緩和させる事が出来ます。

偏頭痛が起こる状況を避ける

寝込んでしまうほどの偏頭痛が起きる時には大体原因や傾向があります。私の場合は、体力を消耗している時や精神的なストレスが続いている時、仕事などで気を張り続け、その後緊張の糸が解けた時などです。

気が張っている時ではなく、ふっと力が抜けた時が要注意なのです。この原因と傾向さえ何となくでもつかめれば、普段からそのような行動をさけたりできます。

仮にやってしまったとしても、偏頭痛に対して先手を打てますので、症状が少し楽になります。

自分なりの偏頭痛の前触れを探る

世の中の偏頭痛持ちの方の2?3割が、偏頭痛が起きる30分前に視野の一部が欠けるという症状がでるそうです。

実は私も、その症状がでる偏頭痛持ちです。ですが、視野がかけた所であまり役には立ちません。薬は頭が痛くなってから飲まなくてはいけませんし、痛みに対して少し身構えられる程度です。

私はこの間にお湯を沸かしてコーヒーを飲んだりくらいのことをします。(コーヒーは血管を収縮させる作用があるので、偏頭痛に効きます)視野が欠ける症状の出ない人でも、光が異様にまぶしく感じたり、においに敏感になったりと、何らかの違和感を感じているはずです。自分の感覚に注意をはらってみてください。

痛みを出来るだけ抑えつつ、素早く収束させる

さて、努力のかいむなしく頭痛が襲ってきたとしましょう。正直、薬は痛みをゼロにはしてくれません。薬が効くまでひたすら安静にして、痛みに耐えなければいけないのですが、これがつらい。

気を紛らわそうにも、本なんて読んでられないし、音楽もうるさいし、テレビなんてもってのほか。私は布団のにおいまで駄目だったときもありました。いろいろ考えあぐねた末、自分の頭に保冷剤をたくさん巻き付けて、眠ってしまう事で解決しました。

痛みより冷たさが勝つくらいに頭や目を冷やすんです。冷えにより血管も収縮しますので、症状も早く収まります。個人的には首の付け根と眼球を重点的に冷やすと効きます!

ガンガン!と突然やってくる偏頭痛から解放されたい方へ

偏頭痛を元から改善する革命的なサプリメント「ずきしらずの実」

ガンガン!と突然やってくる重たい嫌な感じに悩んでいるのはあなただけではありません。すぎしらずの実を使用した90%以上のモニターの方が偏頭痛からくる毎日の憂鬱から解放されています。また、すぎしらずの実を使用した方は「そもそも偏頭痛が来る回数が減った」「来ても以前のような重さを感じない」と体調的な克服を実感しています。
ずきしらずの実』は市販薬とは違い頭痛を一時的に止めるものではなく、偏頭痛が起こる「痛み」の原因をなくすため『体質的な実感』を得ることができます。 また、医薬品とは違い植物由来のハーブサプリメントなので体への負担がなく、安心して続けられます

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ