偏頭痛をどうにかしたい!大切なのは日頃の生活習慣!

頭の片方どちらかにズキズキ、ガンガンと脈打つような痛みが起こるのが偏頭痛。

偏頭痛でお悩みの方は意外と多く、男性より女性の方が圧倒的に多いと言われています。この偏頭痛の治し方をご紹介したいと思います。

そもそも偏頭痛が起こる原因とは?

一言で言うと、脳内の血管が急激に拡張してしまうことが原因、と言われています。血管が急激に拡張してしまう原因は「セロトニン」という物質で、セロトニンが増えると一旦血管は収縮します。

しかし時間が経ちセロトニンが分解されてくると、今度は収縮した血管が急激に広がってしまい、その際炎症が生じてしまいます。この炎症が頭痛の原因になると言われています。

セロトニンは疲れやストレスを感じたとき、またホルモンバランスの変化によって分泌されてしまいます。

どうにかしたい!偏頭痛を治す方法

偏頭痛を治す方法はいくつかあり、まず痛みを感じる箇所や血管の通っている首筋などを冷やすことです。

冷えたタオルや冷却剤などで冷やすことで血管の拡張を抑えることができ、頭痛の緩和につながります。また、偏頭痛が起きているときには、光や音、匂いなどに敏感になることもあり、それが刺激となり頭痛を悪化させてしまうので、できるだけ外出や運動は避け、静かで暗い部屋で休むことをおすすめします。

カフェインには血管を収縮する作用があるため、コーヒーや紅茶、緑茶などを飲むといいでしょう。しかし、過剰摂取は逆に頭痛を引き起こしてしまうので、頭痛が起きた直後、適度に飲むように気を付けてください。

1番手っ取り早いのは薬を服用することです。偏頭痛に効果がある薬はいろいろ市販されていますが、薬を過剰に服用すると逆に効かなくなってしまうので、頻繁に繰り返してしまう場合は病院を受診し、原因から治療する必要があります。

痛みが起こる前に!偏頭痛の予防法

先ほど述べたように、血管の拡張の原因となる「セロトニン」の発生は、ストレスや疲れが原因とされています。そのため、過度のストレスや疲れを感じないよう、リラックスして過ごす時間を作ったり、疲れを感じたらしっかり体を休めたりするように気を付けるといいでしょう。

寝不足、また寝過ぎでも偏頭痛は起こりやすいので、規則正しい生活を心がけましょう。食事の面でも気をつけられることはあります。赤ワイン・チョコレート・チーズは偏頭痛を誘発してしまう食材と言われていますので、あまり摂りすぎない方がいいですね。

逆に偏頭痛によいとされているのが、緑黄色野菜・ナッツ・レバーなどに多く含まれているマグネシウムで、血管や神経のバランスを保つ効果があるので、日頃の食事の中で積極的に摂取したいものです。

ガンガン!と突然やってくる偏頭痛から解放されたい方へ

偏頭痛を元から改善する革命的なサプリメント「ずきしらずの実」

ガンガン!と突然やってくる重たい嫌な感じに悩んでいるのはあなただけではありません。すぎしらずの実を使用した90%以上のモニターの方が偏頭痛からくる毎日の憂鬱から解放されています。また、すぎしらずの実を使用した方は「そもそも偏頭痛が来る回数が減った」「来ても以前のような重さを感じない」と体調的な克服を実感しています。
ずきしらずの実』は市販薬とは違い頭痛を一時的に止めるものではなく、偏頭痛が起こる「痛み」の原因をなくすため『体質的な実感』を得ることができます。 また、医薬品とは違い植物由来のハーブサプリメントなので体への負担がなく、安心して続けられます

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ