偏頭痛と女性ホルモンの関係!生理周期と密接な関わりがある

偏頭痛と女性ホルモンには密接な関わりがあり生理周期、女性ホルモンの分泌量によって偏頭痛が起こるケースがあります。

勿論男性でも偏頭痛の人は多く存在しますが、ある調査結果では女性は男性の3.6倍の偏頭痛患者がいるといった数字が出ているので女性特有の病気とは言えませんが女性に多い症状であることは間違いないと言えます。

偏頭痛と女性ホルモンの関係について

偏頭痛と女性ホルモンが関係していると紹介しましたが、もう少し詳しく説明すると生理が開始する2日前から生理の3日目くらいの間に偏頭痛の発作を起こす人が多いということが出来ます。

その理由は女性ホルモンであるエストロゲン分泌量が、生理周期により大きく変化しているからで排卵日と生理開始期に一気に低下します。

そしてエストロゲン分泌量の変化が偏頭痛に大きく関与していて、エストロゲンの変動があまりない妊娠中などには一時的に偏頭痛が治るといった人も少なくないのです。

ただ出産後はまた生理により女性ホルモンの分泌量が変化するので偏頭痛が起こるようになってしまいます。あと経口避妊薬であるピルを飲んでいる人は偏頭痛が起こりやすいという結果が出ています。

月経関連偏頭痛の特長について

生理開始2日前から生理3日目に症状が出る偏頭痛のことを月経関連偏頭痛と言います。月経関連偏頭痛の特長としては他の時期に起こる偏頭痛と比較して痛みが強い場合が多く、さらには痛みの発作の持続時間が長い、再発しやすいなどを挙げることが出来ます。

また月経関連偏頭痛の場合は市販の鎮痛薬を飲んでも効果がないケースが多く、生理周期に伴ない毎月起こる可能性があるから非常に厄介であるということが出来ます。

なのでその時期が来る事の不安から偏頭痛の症状がない時でも憂鬱な気分になってしまうといった人も見られます。

偏頭痛の治療と予防について

偏頭痛の治療というのは基本として薬物療法が中心に行います。実際に偏頭痛が起こった時に服用する急性期治療薬と発作を起こりにくくする為の予防薬とが存在し、急性期治療薬は病院で処方されるのはトリプタン系薬剤、エルゴタミン製剤で薬局で購入するのなら市販の鎮痛薬を使用することになります。

ただし頭が痛いからといって毎日薬を飲んでいると薬物乱用頭痛となり、かえって症状が悪化するケースがあるので、我慢できる範囲の痛みの場合はあまり薬には頼らない方がいいと言えます。

ガンガン!と突然やってくる偏頭痛から解放されたい方へ

偏頭痛を元から改善する革命的なサプリメント「ずきしらずの実」

ガンガン!と突然やってくる重たい嫌な感じに悩んでいるのはあなただけではありません。すぎしらずの実を使用した90%以上のモニターの方が偏頭痛からくる毎日の憂鬱から解放されています。また、すぎしらずの実を使用した方は「そもそも偏頭痛が来る回数が減った」「来ても以前のような重さを感じない」と体調的な克服を実感しています。
ずきしらずの実』は市販薬とは違い頭痛を一時的に止めるものではなく、偏頭痛が起こる「痛み」の原因をなくすため『体質的な実感』を得ることができます。 また、医薬品とは違い植物由来のハーブサプリメントなので体への負担がなく、安心して続けられます

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ