緊張型頭痛の原因とは?原因を探して頭痛を解消しよう!

慢性的な頭痛は、緊張型頭痛、偏頭痛、群発頭痛と大きく3種類あります。中でも緊張型頭痛が一番多く見られ、頭が締め付けられるような鈍い痛みがおこります。

子供からお年寄りまで、慢性頭痛に悩まされていている人の年齢層は幅広いです。では、どのようなことが原因となって緊張型頭痛が引き起こるのでしょうか。

ストレスが原因?ストレスで頭痛になる理由とは?

精神的なストレスが、緊張型頭痛を引き起こす場合がありますがどうしてなのでしょう。

私達の身体はストレスを受けると、ストレスホルモンと呼ばれる副腎皮質ホルモンが乱れて血圧が上がります。脳の血圧が上昇することにより、血管の収縮機能が活発になり血液量が増大し、頭痛を招くことがあります。

また、精神的なストレスが自律神経を乱して頭痛の原因となることもあります。人はリラックスしている時には副交感神経が働いて頭部の筋肉も緩みますが、ストレスの刺激により交感神経が活性化すると頭部の筋肉も収縮します。

頭部の筋肉の収縮により頭が締め付けれらて、緊張型頭痛が起こる原因となるのです。

運動不足が原因?適度な運動で頭痛解消!

運動不足が原因で、緊張型頭痛を引き起こすこともあります。私達が健康に過ごしていくためには、毎日の適度な運動は欠かすことができません。

気持ち良い程度の運動をすることがリフレッシュにつながり、緊張型頭痛が解消されることがあります。また、適度な運動は、体の血流を良くして筋肉の緊張を和らげ、体のコリもほぐしてくれます。

激しい運動をする必要はありません。ウォーキングやストレッチ、ヨガ、ラジオ体操など無理せず続けることが大切です。無理せず毎日体を動かすことで、リラックス効果を得ることができ、体もほぐれ、少しずつ頭痛も改善していくでしょう。

長時間同じ姿勢が原因?パソコン作業やデスクワーク、車の運転など!

同じ姿勢を長時間続けていると体の血流が悪くなり、肩や首のコリがひどくなったり、めまいをおこしたり、全身がだるく感じたり、頭痛を引き起こしてしまうことがあります。

パソコン作業が多い人や、デスクワークの人、長時間に渡り車の運転する人などは、緊張型頭痛を引き起こしやすいです。長い時間無理な姿勢を続けていると、筋肉の緊張が高まり、血流が悪くなり、筋肉の中に乳酸などの老廃物が溜まります。

老廃物が周囲の神経を刺激して、頭が締め付けられるような痛みを起すのです。同じ姿勢を続けなければならない時には、合い間に適度な休憩を取り、軽いストレッチなどを行い体の血行を促してあげましょう。

まとめ

緊張型頭痛の原因は、精神的なストレスや運動不足、同じ姿勢を続けている場合に起こりやすいです。ストレスを上手に発散できる方法を見つけたり、ウォーキングやヨガなどの軽い運動を継続したり、長時間同じ姿勢で作業をする時には休憩を取りストレッチをして体をほぐしてあげましょう。

自分の緊張型頭痛の原因がどこにあるのかを見つけてあげ、上手に解消していくことで頭痛が起こりにくくなっていくでしょう。

ガンガン!と突然やってくる偏頭痛から解放されたい方へ

偏頭痛を元から改善する革命的なサプリメント「ずきしらずの実」

ガンガン!と突然やってくる重たい嫌な感じに悩んでいるのはあなただけではありません。すぎしらずの実を使用した90%以上のモニターの方が偏頭痛からくる毎日の憂鬱から解放されています。また、すぎしらずの実を使用した方は「そもそも偏頭痛が来る回数が減った」「来ても以前のような重さを感じない」と体調的な克服を実感しています。
ずきしらずの実』は市販薬とは違い頭痛を一時的に止めるものではなく、偏頭痛が起こる「痛み」の原因をなくすため『体質的な実感』を得ることができます。 また、医薬品とは違い植物由来のハーブサプリメントなので体への負担がなく、安心して続けられます

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ