偏頭痛の予兆をつかんで効果的な対策を!

偏頭痛はとても辛い症状ですが、痛みが起こるまえに予兆が起きることもあります。

その予兆を掴めば、うまく痛みへの対策を取ることができます。

偏頭痛が予兆できると?

予兆とは、何かが起こることを予測できるできごとです。偏頭痛の場合だと、発作の起こる前日から現れることがあります。

それは、気分の変化となって現れる事が非常に多いです。例えばやけに気分が落ち込みやすかったり、イライラしたりといった感じです。

この段階では痛みも何も起こってはいませんが、何となく気分が優れないという予兆があります。この予兆を上手く掴むことができれば、「明日は偏頭痛がやってくる」と予想ができます。そうすれば仕事のスケジュールを調整したり、前もって薬を飲む用意をしたり、色々と対策を取ることができますね。

偏頭痛の予兆は?

偏頭痛の予兆としてよく挙げられるのが、視野の異常です。

頭痛が起こる前に目の前に光が見えるという人は結構多いものです。例えばギザギザした光が見える閃輝暗点(せんきあんてん)が見えるという人もいますね。

これは全ての人に起こる症状ではありませんが、閃輝暗点が起こると目の前の景色が見えづらくなります。そのため、仕事へ支障をきたしてしまう人もいます。閃輝暗点は数十分続いたのち、本格的な偏頭痛の発作が起きてしまいます。

ロキソニンのような薬でも、閃輝暗点の時点で服用すれば偏頭痛を事前に防ぐこともできます。閃輝暗点のようなはっきりとした前触れならすぐに気付きますが、このような症状は起きない人もいます。

リズムを知るために

でも発作が起きる前日や当日の朝などに、何かしら異変が起きているという可能性はあります。そのような自分だけのリズムを掴むための対策として、日記を付けるのが役立ちます。

その日の気分、頭痛の有無や痛みの強さ、起きた時間帯や長さなど、毎日付けていれば予兆に気付くこともありますね。このような記録は医師にかかるときにも非常に役立ちますし、病院でも頭痛日記を付けるように指導していることもあります。ぜひ実践してみましょう。

ガンガン!と突然やってくる偏頭痛から解放されたい方へ

偏頭痛を元から改善する革命的なサプリメント「ずきしらずの実」

ガンガン!と突然やってくる重たい嫌な感じに悩んでいるのはあなただけではありません。すぎしらずの実を使用した90%以上のモニターの方が偏頭痛からくる毎日の憂鬱から解放されています。また、すぎしらずの実を使用した方は「そもそも偏頭痛が来る回数が減った」「来ても以前のような重さを感じない」と体調的な克服を実感しています。
ずきしらずの実』は市販薬とは違い頭痛を一時的に止めるものではなく、偏頭痛が起こる「痛み」の原因をなくすため『体質的な実感』を得ることができます。 また、医薬品とは違い植物由来のハーブサプリメントなので体への負担がなく、安心して続けられます

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ