女性の月経による辛い偏頭痛!どうやって乗り越えたか? 女性 37歳 N.T.さん

最近、テレビでも頭痛薬のCMがよく流れています。

偏頭痛にも様々な要因があると言われており、肩こりによるものやお天気によるものもあります。

しかしながら、テレビのCMで女性芸能人などをイメージキャラクターとして起用していることからも、偏頭痛と女性は切っても切れない関係にあるということがわかります。では、実際に、どのような関係かを見ていきましょう。

女性の身体のメカニズム

男性にはなくて、女性しかない生理的現象。それは、「月経」です。この月経期に女性ホルモンの「エストロゲン」の分泌量が急激に変動することにより、偏頭痛を起こしやすくなると解明されています。

ですから、生理のない「妊娠期」には、偏頭痛持ちの女性が偏頭痛から解放されるという話を皆さんも聞いたがあるのではないでしょうか。

起こるのかいつか

だいたい、月経が関連して起こる偏頭痛は、月経開始の2日前から月経3日目までに症状が見られると言われています。

この時期に起こる偏頭痛は、普段の偏頭痛(お天気によるものなど)に比べて、痛みが非常に強く、また長い持続性をもっているため、不安な人は市販の鎮痛薬を持ち歩くようにされるとよいでしょう。

しかしながら、市販薬では十分にな効果がみられないこともあります。あまりにも日常生活に支障をきたす可能性がある場合は、現段階で妊娠を希望されていないのであれば、(産)婦人科を受診して、医師に経口避妊薬(ピル)などを処方してもらってもよろしいでしょう。

受診に備えて

この月経に関連して起こる偏頭痛の治療を望まれる場合は、受診に備えて、「偏頭痛ダイアリー」をつけられることをお勧めします。約3か月間ほど月経期間と偏頭痛の発作を書き留めることで、医師への説明も行いやすくなりますし、治療方針の決定などもスムーズに進められるというメリットがあります。

その際、出来れば、症状も細かく書かれているとなおのこといいでしょう。

ピルについて

ピルというと、保険適用外イメージがあったと思いますが、近年では、保険適用のものを医師がすすめてくれるようになっています。

種類により、お値段も多少変わってきますが、1シート(一か月分)につき3,000円の実費負担だけで済むものもあります。ひと月に一回はやって来る月経に不安や不快感を感じている方は、一度検討してみてはどうでしょうか。

ガンガン!と突然やってくる偏頭痛から解放されたい方へ

偏頭痛を元から改善する革命的なサプリメント「ずきしらずの実」

ガンガン!と突然やってくる重たい嫌な感じに悩んでいるのはあなただけではありません。すぎしらずの実を使用した90%以上のモニターの方が偏頭痛からくる毎日の憂鬱から解放されています。また、すぎしらずの実を使用した方は「そもそも偏頭痛が来る回数が減った」「来ても以前のような重さを感じない」と体調的な克服を実感しています。
ずきしらずの実』は市販薬とは違い頭痛を一時的に止めるものではなく、偏頭痛が起こる「痛み」の原因をなくすため『体質的な実感』を得ることができます。 また、医薬品とは違い植物由来のハーブサプリメントなので体への負担がなく、安心して続けられます

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ