偏頭痛とストレスの関係!身体的・精神的ストレスが原因の頭痛

頭痛というのは風邪、寝不足、二日酔といった際に起こることが多く、原因が分かっている場合は風邪薬を飲んだり、睡眠不足を解消したり、痛み止めを飲むことで頭痛を改善することが出来ます。

しかし原因不明な場合は脳腫瘍、脳出血といったケースも考えられるので医療機関で受診をする必要があります。そして検査で異常がない場合はストレスが原因の偏頭痛である可能性が高いと言えます。

ここではストレスが原因の偏頭痛とその治療法について紹介します。

身体的ストレスが原因の偏頭痛

緊張型頭痛は後頭部に痛みが生じるのが特長で精神的、もしくは身体的ストレスが原因で頸の筋肉が緊張することで起こります。

身体的ストレスというのはずっと同じ姿勢で作業をしていたり、パソコンで目を酷使したりすることで溜まります。その結果、筋肉が固まり血行不良となり肩こりの症状が出てきます。

さらに疲労物質が蓄積されて周囲の神経を刺激することで頭痛が発生するのが緊張型頭痛と言えます。

精神的ストレスが原因の偏頭痛

心配事、不安、悩みがある場合精神的なストレスにより神経伝達物質が増えて頭痛が発生するケースがあります。

頭がい骨の内側部分に左右対称の血管・神経があり、セロトニンと呼ばれる神経伝達物質はうつ病や不安障害に関係していると言えます、そしてセロトニンが血管の収縮、拡張に関与しています。

過度のストレスがよりセロトニンが調整出来ないと、血管がピクピクし走行している神経を刺激することで頭痛の症状が出ると言えます。精神的なストレスが原因で起こるそれらの症状を偏頭痛といいます。

ストレスが原因の偏頭痛の治療方法

ストレスが原因で起こる偏頭痛の治療方法としては薬物療法がメインと言えます、ストレスを解消する努力も行う必要があります。根本的な原因を排除しないことには薬で偏頭痛の症状を改善しても、また同じ症状が出てしまいます。

長時間パソコンを使用する人は1時間に1度は身体を動かして筋肉を解すようにしましょう。目を少し瞑って休ませることも重要です。そうするだけで緊張型頭痛は起こりにくくなると言えます。

また精神的なストレスというのは几帳面で真面目な人ほど溜まりやすいので、悩みを1人で抱えずに人に相談したり、上手なストレスとの付き合い方を学びましょう。

ガンガン!と突然やってくる偏頭痛から解放されたい方へ

偏頭痛を元から改善する革命的なサプリメント「ずきしらずの実」

ガンガン!と突然やってくる重たい嫌な感じに悩んでいるのはあなただけではありません。すぎしらずの実を使用した90%以上のモニターの方が偏頭痛からくる毎日の憂鬱から解放されています。また、すぎしらずの実を使用した方は「そもそも偏頭痛が来る回数が減った」「来ても以前のような重さを感じない」と体調的な克服を実感しています。
ずきしらずの実』は市販薬とは違い頭痛を一時的に止めるものではなく、偏頭痛が起こる「痛み」の原因をなくすため『体質的な実感』を得ることができます。 また、医薬品とは違い植物由来のハーブサプリメントなので体への負担がなく、安心して続けられます

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ