体質?遺伝?幼い頃から偏頭痛とは常に隣り合わせの日々 女性 20歳 E.H.さん

私は母と姉二人の四人家族です。その内、私と母と一つ上の姉は偏頭痛持ちです。母は常に頭痛薬を持ち歩いていて、幼い私や姉が頭が痛いと泣くと、すぐに鞄から薬を出して飲ませていました。

幼いながらに突然ひどい頭痛に襲われ苦しんだことを今も思い出します。

偏頭痛は生まれつき

私はあまり体が強い方ではなく、物心ついた時から頭が痛いとよく母に訴えていました。小学生の頃から肩こりが酷かったのが原因か、もしくはただの遺伝か。

常日頃から偏頭痛とは隣り合わせの生活をしてきたので、今では少し頭が痛くなっても「疲れてるのかな」と思うくらいで、特に騒ぐこともありません。

こめかみが脈とともにズキズキと

偏頭痛の時は決まってこめかみ周辺がひどく痛みます。心臓の音に合わせてズキン、ズキンと脈打つような痛みで、ひどい時は眩暈がする時もありました。

症状がひどくなると顔色も悪くなり、立っているのもやっとの状態だったので、頭を冷やしながら横になっていました。

天気に左右される偏頭痛

体が弱く、敏感な私の健康状態は天気にも大きく左右されます。寝不足や疲労感の影響も受けますが、特に症状が現れやすいのが天気です。

朝起きた瞬間から頭痛に襲われた日、いつものように母に訴えると「今日は雨が降るから、気圧が下がっているのよ」と言われました。

天気が悪い日は家族ぐるみで頭痛と戦っていました。それからも午前中頭痛に襲われると午後雨が降ることが多かったです。私の中では当たり前の定義だったので、友人に話しても理解してもらえず、変に不思議がられてしまったこともあります。

必需品は頭痛薬

偏頭痛を理由に病院に行ったことはありません。その代わり自宅にはもちろんのこと、外出先には必ず市販の頭痛薬を持ち歩くことにしています。

あまり薬に頼るのはよくないと知っていながらも、友人との楽しい時間を頭痛で台無しにされたくないので、少しでも痛くなるとすぐに服用します。

自宅でいるときなど、時間に余裕がある時は少し眠るようにしています。

偏頭痛にならない為に

生活が不規則だった大学時代は今よりも偏頭痛になる頻度が多かった気がします。年とともに健康を意識するようになり、今ではたっぷり睡眠をとって規則的な生活を心がけています。

早寝早起きで朝ごはんをしっかり食べるようになってからは偏頭痛だけでなく体調も顔色もすっかり良くなり、憧れの健康的な体を手に入れることができました。何よりも睡眠と食事が大切だと、身をもって学びました。

ガンガン!と突然やってくる偏頭痛から解放されたい方へ

偏頭痛を元から改善する革命的なサプリメント「ずきしらずの実」

ガンガン!と突然やってくる重たい嫌な感じに悩んでいるのはあなただけではありません。すぎしらずの実を使用した90%以上のモニターの方が偏頭痛からくる毎日の憂鬱から解放されています。また、すぎしらずの実を使用した方は「そもそも偏頭痛が来る回数が減った」「来ても以前のような重さを感じない」と体調的な克服を実感しています。
ずきしらずの実』は市販薬とは違い頭痛を一時的に止めるものではなく、偏頭痛が起こる「痛み」の原因をなくすため『体質的な実感』を得ることができます。 また、医薬品とは違い植物由来のハーブサプリメントなので体への負担がなく、安心して続けられます

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ