何とかしたい雨の日の偏頭痛!ポイントは「血管」にあった?

仕事中に雲が出て雨が降りそう…こんな時多くの女性を悩ませるのが偏頭痛ですね。ひどい人だと、目の前がまぶしくてものが見えなくなってしまったり、吐き気がするほどの頭痛で仕事や日常生活もままならなくなってしまったり…としんどいものです。

雨の日の偏頭痛のメカニズムと対処法を知って、少しでもラクになりましょう。

なぜ天気が悪くなると偏頭痛が起きるの?

そもそも偏頭痛の原因は、頭の血管が拡張することにより、その周囲の神経が圧迫されるところにあります。雨の日の様に天気が悪いというのは低気圧ということですから、血管にかかる圧力も減ります。

これが、雨の日の偏頭痛の主な原因です。その結果、急に頭の一部だけが割れるように痛くなったり、ズキズキといううずきが起こったりするというわけです。

また、天気が悪いと自律神経のホルモンバランスを崩しやすく、結果体調の悪化につながります。これも偏頭痛を発生させるとも言われています。

雨の日の偏頭痛を何とかしたい!おすすめ対処法を厳選!

冷やす

頭の血管の拡張が偏頭痛を引き起こしているのですから、血管を収縮させるような対処をすればいいのです。

最も手軽なのが、こめかみに冷たいもの(アイスノン、なければ濡れたハンカチなど)を押し当てる方法。

こめかみには血管が集まっていますから、ここを冷やすことで頭の血管の収縮を抑えることができます。熱が出たときに冷やすのと同じ理屈ですね。

逆に、シャワーを浴びるようなことは避けてください。血行が良くなると偏頭痛は悪化しやすいです。

横になって休む

偏頭痛になると、パソコン画面をはじめとしたまぶしい光・刺激が辛くなります。

暗い部屋で横になり、痛みが収まるまでゆっくり休むのも効果的です。
仕事に支障をきたすほどの痛みですから、無理をしないようにしましょう。

カフェイン摂取

コーヒーやお茶に含まれるカフェインは、血管を収縮させる作用があるため、偏頭痛を抑える効果があります。摂りすぎは逆に血管の膨張を招く可能性があるので、あくまでほどほどに。

偏頭痛を和らげて雨の日もハッピー♪

偏頭痛を根本的になくすことは容易ではありませんが、症状を緩和することはできます。

天気が悪くなるたびに頭が痛くなると、特に梅雨や秋の長雨の季節は憂鬱になってしまいますよね。ここで紹介した方法を試して、雨の日でも元気に過ごせるといいですね。

ガンガン!と突然やってくる偏頭痛から解放されたい方へ

偏頭痛を元から改善する革命的なサプリメント「ずきしらずの実」

ガンガン!と突然やってくる重たい嫌な感じに悩んでいるのはあなただけではありません。すぎしらずの実を使用した90%以上のモニターの方が偏頭痛からくる毎日の憂鬱から解放されています。また、すぎしらずの実を使用した方は「そもそも偏頭痛が来る回数が減った」「来ても以前のような重さを感じない」と体調的な克服を実感しています。
ずきしらずの実』は市販薬とは違い頭痛を一時的に止めるものではなく、偏頭痛が起こる「痛み」の原因をなくすため『体質的な実感』を得ることができます。 また、医薬品とは違い植物由来のハーブサプリメントなので体への負担がなく、安心して続けられます

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ