つらい偏頭痛には肩こりが大敵!片回しで頭痛を楽に 31歳 K.T.さん

偏頭痛がするようになったのは、大学生くらいの時からです。

当時は学生なので年に何度も試験勉強もありましたし、寝不足や疲れが出たかなといったくらいであまり気にしていませんでした。

偏頭痛になるきっかけ

偏頭痛が発症するポイントは2つあります。一つは生理の時です。

もともと生理痛の腹痛はあまりないほうで、生理痛は軽いほうだと思っていました。しかし気づけば、生理の時に頭痛も一緒にやってくることに気が付きました。

もう一つは曇りの日です。むしろ雨が降ってくれればそんなにつらいことはないのですが、降りそうで降らない曇りの日が一番つらいです。

室内にいても頭痛の雰囲気で天気がわかります。ひどいときには頭痛から吐いてしまうのどの頭痛になってきます。

なった時の対処法

頭痛がきたら、まずは頭痛薬を飲みます。最初に飲む理由は効くまでに30分くらいかかりますので、早めに飲んでおかないの、痛みがピークになってしまうともはや効かなくなりますのでいの一番に飲みます。

そのあとは、私の偏頭痛は比較的温めたら楽になるので、可能であればお風呂に入って温まります。できなければあとは耐えるのみです。

頭痛予想前にしていること

生理の時や曇りの日など頭痛がするタイミングはだいたいわかっているため、予想ができた時には体を動かして血流をよくするように、ストレッチをこまめにしておきます。特に首回りです。

あとは、予防では防げないときも何度もあるので、夕方までに仕事や家事を終わらせるなど頭痛がきて動けなくなることを見越して、仕事を終わらしているようにします。

頭痛を起こさないための自分なりの対策

頭痛のある生活にだいぶ慣れては来ていますが、やはり頭痛のない生活に越したことはありません。血流が悪くなった時に起こる気がしています。

大学生から変わったことといえば、運動不足になったことだと思いますので、極力運動をするようにしています。

最近効果を感じているのは肩回しです。右回り、左回り、前、後ろとしっかりと肩を回して柔らかくすることによって、最近だんだん頭痛が楽になってきているような気がしています。

ガンガン!と突然やってくる偏頭痛から解放されたい方へ

偏頭痛を元から改善する革命的なサプリメント「ずきしらずの実」

ガンガン!と突然やってくる重たい嫌な感じに悩んでいるのはあなただけではありません。すぎしらずの実を使用した90%以上のモニターの方が偏頭痛からくる毎日の憂鬱から解放されています。また、すぎしらずの実を使用した方は「そもそも偏頭痛が来る回数が減った」「来ても以前のような重さを感じない」と体調的な克服を実感しています。
ずきしらずの実』は市販薬とは違い頭痛を一時的に止めるものではなく、偏頭痛が起こる「痛み」の原因をなくすため『体質的な実感』を得ることができます。 また、医薬品とは違い植物由来のハーブサプリメントなので体への負担がなく、安心して続けられます

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ