辛い偏頭痛の治したい!すぐに出来る偏頭痛を治す3つの方法は?

現在は偏頭痛に悩む人が多く見られます。特に女性は症状を訴える人が多く、どうにかして解消できないものだろうかと悩んでいるようです。

偏頭痛には女性ホルモンが関係しているとも言われます。ホルモンのバランスが乱れているときは、偏頭痛のため朝目覚めてから起き上がることもままならなかったり、ひどいときには吐き気をもよおすこともあるようです。

そんな辛い偏頭痛の治し方にはどんな方法があるのでしょうか。

偏頭痛を感じる部分を冷やす

頭を冷やすことで症状が軽くなることがあります。その場合、冷たくしたタオルや氷嚢を使って冷やします。氷嚢を使うときは直接肌に当てると刺激が強すぎますので、タオルでくるんで使うようにしましょう。

偏頭痛はこめかみがズキズキしたり、後頭部に痛みを感じたりとその時々で頭痛を感じる部分が違うことも多いですが、痛みを感じる部分を冷やすようにします。

その際注意したいことは、冷やし過ぎないということです。冷やし過ぎると逆効果になるおそれもありますので、様子を見ながら冷やすことがポイントです。

頭痛薬を服用する

偏頭痛を解消する方法の一つとして頭痛薬を服用するという方法もあります。現在では研究も進み、偏頭痛の痛みを抑える市販の薬にも様々なものが見られるようになりました。ドラッグストアでも入手できます。

服用するときの注意点としては痛みが強くならないうちに飲むということです。強い偏頭痛を感じるようになってから飲んでもあまり効果が感じられないこともあるようです。そのため「少しズキズキするな」と感じた時点で飲むほうが効果が期待できます。

日ごろから運動する習慣をつける

偏頭痛を訴える人の中には、慢性的に痛みを感じるという人も多いものです。偏頭痛の原因にはストレスや血行不良があるといわれますが、これらの要因は運動によって解消するとも言われます。

そのため日ごろから運動を習慣にしておくと、偏頭痛を引き起こす原因を取り除くことにもなります。しかし頭痛を感じているときには運動してはいけません。

すでに痛みがあるときに体を動かすと痛みが増すこともありますので要注意です。頭痛を感じないときに、日ごろから運動することを習慣付けておくことが慢性の偏頭痛を治すことにつながります。

ガンガン!と突然やってくる偏頭痛から解放されたい方へ

偏頭痛を元から改善する革命的なサプリメント「ずきしらずの実」

ガンガン!と突然やってくる重たい嫌な感じに悩んでいるのはあなただけではありません。すぎしらずの実を使用した90%以上のモニターの方が偏頭痛からくる毎日の憂鬱から解放されています。また、すぎしらずの実を使用した方は「そもそも偏頭痛が来る回数が減った」「来ても以前のような重さを感じない」と体調的な克服を実感しています。
ずきしらずの実』は市販薬とは違い頭痛を一時的に止めるものではなく、偏頭痛が起こる「痛み」の原因をなくすため『体質的な実感』を得ることができます。 また、医薬品とは違い植物由来のハーブサプリメントなので体への負担がなく、安心して続けられます

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ