前触れがなく急に痛くなる偏頭痛の解消法は? 32歳 K.K.さん

何の前触れもなく急に頭が痛くなる偏頭痛。コントロールができないだけに、大事な日に痛くなってしまったり、痛みでイライラしたり、気分が落ち込んだり、命にかかわる病気ではないですが、その症状はつらいものです。

あなたはどのように偏頭痛と付き合っていますか。偏頭痛の解消法を考えていきたいと思います。

偏頭痛が起こりやすい時とは?

私が初めて偏頭痛になったのは、小学生のとき、休日に長時間寝た日は半日頭が痛くなり、気分が優れないことがありました。

大人になってからは、天気の悪い日や、急激に気温が下がった日などは頭がズキズキと脈を打つように痛み、お風呂で体を温めるとよけいに症状が悪化してしまいます。集中力は散漫になり、仕事どころではありません。

偏頭痛が起こるメカニズムとは?

偏頭痛は頭の血管が何らかの理由により拡張することで、痛みが起こります。例えばストレスを抱えていると、神経伝達物質の一つであるセロトニンという物質が増えます。

そのセロトニンが太い脳の血管を収縮させ、過度に拡張させます。その結果、脳の腫れや炎症を起こして頭痛が起きるのです。しかし頭痛は偏頭痛だけでなく、脳の大きな病気の前兆かもしれませんので、偏頭痛だと思い込まずに、よく頭痛が起きる場合には、一度診療機関での受診をおすすめします。

偏頭痛が起きた時の対処法とは?

偏頭痛は脳の血管が拡張することで起きます。もし偏頭痛が起きたら、まず痛む場所を直接冷却グッズで冷やすと、痛みが軽くなります。逆に入浴などの体を温めることは血管を拡張させてしまうので避けましょう。

睡眠不足や、生活習慣の乱れも頭痛を引き起こす原因になるので、十分な睡眠をとり、規則正しい生活に心がけましょう。また、人によってはチョコレートや、ワインなどの特定の食品で頭痛が引き起こされることがあります。

個人の体質によって、頭痛に関連するような食品があるとわかった場合には、避けるようにしましょう。そして、強い光や人混みなどが原因で頭痛が増悪する場合もありますので、強い光にはサングラスなどを着用しきちんと対策をするようにしましょう。

偏頭痛は上手くつきあっていけば、少しずつ起こるタイミングをコントロールできるようになると思います。鎮静剤などの薬も常備しながら、自分にあった対処法を見つけ、日々健康に過ごしたいものです。

ガンガン!と突然やってくる偏頭痛から解放されたい方へ

偏頭痛を元から改善する革命的なサプリメント「ずきしらずの実」

ガンガン!と突然やってくる重たい嫌な感じに悩んでいるのはあなただけではありません。すぎしらずの実を使用した90%以上のモニターの方が偏頭痛からくる毎日の憂鬱から解放されています。また、すぎしらずの実を使用した方は「そもそも偏頭痛が来る回数が減った」「来ても以前のような重さを感じない」と体調的な克服を実感しています。
ずきしらずの実』は市販薬とは違い頭痛を一時的に止めるものではなく、偏頭痛が起こる「痛み」の原因をなくすため『体質的な実感』を得ることができます。 また、医薬品とは違い植物由来のハーブサプリメントなので体への負担がなく、安心して続けられます

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ