辛い偏頭痛から開放されるための3つの方法

辛い偏頭痛、予防できるものならしたいものですよね。

発作が起こってしまってからその痛みを薬で宥めるしかない、という風に思っている方もけっこう多いのですが、実は事前に防ぐことが可能なのがこの「偏頭痛」なんです。

漢方薬で予防

そんな気になる予防方法についてですが、まず最初にも書いたように治療には薬を使うのが一般的で、実際に日常的に薬を服用しているという方は多いと思います。

同じ薬でも漢方薬は「防ぐ」ことに効果のある薬で、事前に飲むことで発作を抑える効果があると言われているんですよ。たとえば、「呉茱萸湯」、「桂枝人参湯」、または「釣藤散」や「葛根湯」、「五苓散」といったものなどが偏頭痛に効果的な漢方薬だと言われています。

漢方に興味のある方などは、こちらから試してみるといいでしょう。身体への負担はもちろん少ないですし、内側から気を使えるのが大きなメリットです。

睡眠で予防

また、一番簡単かつ手っ取り早い予防方法としては、十分に睡眠を取るということ。睡眠に勝る良薬はないとも言われるくらいですし、特に症状の軽い方は睡眠だけで偏頭痛が治る場合もありますので、睡眠をとれるように普段から心がけるといいでしょう。

ちなみに眠る際は部屋は暗く、そして静かにするとより効果的です。

それでも痛くなったら?

最後に、頭が痛くなってからの改善方法についても見ていきたいと思います。

簡単なのは痛む箇所を氷のうなどで冷やすというもので、冷やすことによって痛みの原因となっている血管の拡張を抑えるのが目的です。頭の血管が収縮することで、痛みが随分と和らぐものなんですよ。

他にもコーヒーや緑茶など、カフェインが含まれている飲料を飲むことも効果的。血管収縮作用が著しいカフェインは市販薬の鎮痛剤にも含まれているほどなのですが、睡眠の際には逆効果となってしまいますので、夜の服用は避けた方がいいかもしれませんね。できるだけ明るい時間に摂取するように気をつけましょう。

ガンガン!と突然やってくる偏頭痛から解放されたい方へ

偏頭痛を元から改善する革命的なサプリメント「ずきしらずの実」

ガンガン!と突然やってくる重たい嫌な感じに悩んでいるのはあなただけではありません。すぎしらずの実を使用した90%以上のモニターの方が偏頭痛からくる毎日の憂鬱から解放されています。また、すぎしらずの実を使用した方は「そもそも偏頭痛が来る回数が減った」「来ても以前のような重さを感じない」と体調的な克服を実感しています。
ずきしらずの実』は市販薬とは違い頭痛を一時的に止めるものではなく、偏頭痛が起こる「痛み」の原因をなくすため『体質的な実感』を得ることができます。 また、医薬品とは違い植物由来のハーブサプリメントなので体への負担がなく、安心して続けられます

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ