「群発頭痛」の症状と原因・治療法とよく似た症状の病気について

早朝、まだ寝ているうちから突然発症して、数回から数十回群発する片側眼窩(がんか)深部のえぐるような耐え難い鋭い激痛が起こるまれな頭痛です。

以前は片頭痛に分類されていましたが最近では片頭痛とは別に分類されています。

群発頭痛の症状

片頭痛と異なり、青壮年の男性に多く見られ、女性の3~4倍は多いとされます(10万人に男性15人、女性4人)。

発作は毎日早朝、15分空約3時間、間欠的に鋭い眼窩痛が反復します。そのあいだ、痛みのある側の眼は充血して、涙がこぼれ、また同側の鼻が詰まったり鼻水が出たりします。縮瞳、流汗、顔面の紅潮なども出ます。

激痛で眠ることもできず、ウロウロと歩き回り、落ち着くことが出来ないほどの痛みです。これが連日ほぼ同時刻に反復再発し、数日から数週間持続します。発作がなくなると、数ヶ月はまったくおこらない時期が続きます。

群発頭痛の原因

原因は解明されていません。脳内血管に分布する三叉神経に関わっていると考えられています。特に家族性はなく、発作の誘発因子として、ストレス、飲酒、血管拡張薬の服用などがあります。

発作は飲酒後の睡眠中などに起こりやすいです。また中年の男性で特にヘビースモーカーに多い傾向があります。ニコチンはきわめて強い精神依存性を持ち、ヘロインやコカインよりも依存性が強いと考えられています。

群発頭痛の治療改善方法

飲酒は発作の誘因となりますので禁酒を心がけてください。トリプタン系薬の頓服が効果的です。発作の前兆時か出来るだけ早期に内服します。

皮下注射なら15~30分間で70~80%、頭痛を抑制することができます。発作軽減には生活指導や星状神経ブロックが有効です。酸素吸引療法も、有効療法です。

鼻がつまって苦しい際は、トリプタン系薬の鼻腔スプレーによる鼻腔内投与も効果的です。禁煙も必要です。入浴はストレス解消に良いのですが、浴槽につかると発作を引き起こす要因になるため、シャワーをおすすめします。

群発頭痛と似た症状の病気

鼻の奥にある副鼻腔や耳の奥にある中耳で細菌感染が起こると、炎症症状としての痛みが、顔面の奥や耳の中に起き頭痛になります。

またまれですが、緑内障で眼圧が上がっても、眼球およびその周囲の痛みが頭痛として訴えられることもあり、耳鼻科や眼科の病気でも頭痛が起こります。耐えがたいひどい頭痛を訴える病気に、くも膜下出血があります。

原因疾患を正しく診断し、治療することがいちばんです。

ガンガン!と突然やってくる偏頭痛から解放されたい方へ

偏頭痛を元から改善する革命的なサプリメント「ずきしらずの実」

ガンガン!と突然やってくる重たい嫌な感じに悩んでいるのはあなただけではありません。すぎしらずの実を使用した90%以上のモニターの方が偏頭痛からくる毎日の憂鬱から解放されています。また、すぎしらずの実を使用した方は「そもそも偏頭痛が来る回数が減った」「来ても以前のような重さを感じない」と体調的な克服を実感しています。
ずきしらずの実』は市販薬とは違い頭痛を一時的に止めるものではなく、偏頭痛が起こる「痛み」の原因をなくすため『体質的な実感』を得ることができます。 また、医薬品とは違い植物由来のハーブサプリメントなので体への負担がなく、安心して続けられます

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ