食べ物と漢方薬をうまく利用して偏頭痛を乗り越える方法は?

偏頭痛のつらさは、経験した人にしかわからないものです。女性の方が、偏頭痛に悩まされている人が多いのだとか。

けれどそんなつらい偏頭痛にも、有効な予防法・対処法がいろいろとあります。自分に合った対策を取り入れて、偏頭痛に悩まされる日常から解放されると良いですね。それには、さまざまな情報を知ることからスタートです。

偏頭痛と食べ物の関係

偏頭痛は、予防できればそれに越したことはありません。そのためにも、まずよくある食べ物と偏頭痛の関係について、知っておく必要があります。

チーズ、赤ワイン、チョコレートなどは偏頭痛を誘発するとして、よく挙げられる食品です。逆にコーヒーなどに含まれるカフェインは、偏頭痛を抑えてくれると言われます。

偏頭痛が来たかなと思われる軽い症状の時に、コーヒーを一杯飲んで仮眠をとるとおさまってしまうということもあります。ただ人によって違いがあるので、自分にとってはどんな食品が誘因になるのか、あらためて注意深く意識してみると良いかもしれません。アルコールや乳製品など、人により影響を及ぼす食品はさまざまです。

偏頭痛薬の選び方は?

いざ偏頭痛が始まってしまうと、仕事や家事など何も手につかなくなって、日常生活に支障をきたしている人も多いことでしょう。手っ取り早く痛みを抑えようと、ドラッグストアで鎮痛剤を購入して服用することの繰り返し。でも、そのようにしてだんだん薬の量が増えていくと怖いし、何より薬が効かなくなって来るとも・・・。

偏頭痛には、優れた効き目をあらわす専用の製剤があります。もし頭痛外来のようなところがあれば最適ですが、近所の内科・神経内科などでも、そのような偏頭痛の薬を処方してもらえるので、今まで自分だけで対処していた人は、一度病院に行ってみることをおすすめします。自分に合う薬がわかれば、常備薬として持っていると安心です。

偏頭痛にも漢方薬を

それでもやはり、薬に頼ることには抵抗があるという人もいるでしょう。そのような人は、薬と言っても漢方を試してみることをおすすめします。漢方薬の中にも、偏頭痛に効くとされる薬があります。

漢方の良いところは、予防にも使えること。毎日服用しても漢方薬なら安心ですし、例えば周期的にあらかじめ偏頭痛になりそうだとわかっている時期が来たら服用するとか、何となく偏頭痛になりそうな感じがするときにすぐ服用するなど、いろいろ試してみて、自分に有効な方法を見つけることができます。

頭痛になる前に薬を飲むことは、西洋薬ではできない漢方薬ならではのメリットです。本来漢方薬は個人の体質に合わせて使い分けるものなので、最初はできれば漢方専門医にかかると良いでしょう。

ただ、最近は従来からの内科でも漢方薬を処方してくれるところは多いので、自分の行きやすいところへまずは行ってみるのが一番です。

ガンガン!と突然やってくる偏頭痛から解放されたい方へ

偏頭痛を元から改善する革命的なサプリメント「ずきしらずの実」

ガンガン!と突然やってくる重たい嫌な感じに悩んでいるのはあなただけではありません。すぎしらずの実を使用した90%以上のモニターの方が偏頭痛からくる毎日の憂鬱から解放されています。また、すぎしらずの実を使用した方は「そもそも偏頭痛が来る回数が減った」「来ても以前のような重さを感じない」と体調的な克服を実感しています。
ずきしらずの実』は市販薬とは違い頭痛を一時的に止めるものではなく、偏頭痛が起こる「痛み」の原因をなくすため『体質的な実感』を得ることができます。 また、医薬品とは違い植物由来のハーブサプリメントなので体への負担がなく、安心して続けられます

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ