16歳の頃から偏頭痛に悩まされた私の対処法と予防策 24歳 T.A.さん

偏頭痛には多くの人が悩まされています。偏頭痛が起こる原因は諸説あるようですが、頭部の血管がなんらかの要因によって拡張し、それによって痛みが引き起こされるというのが一般的な説のようです。

また頭痛の発生には低血圧や女性ホルモンが影響しているとも考えられており、偏頭痛に悩まされている人に女性が多いことと関係があるといわれています。

偏頭痛の発症

私がはじめて偏頭痛を体験したのは16歳のときでした。突然片側のこめかみや額、後頭部を中心にズキンズキンと強く脈打つような痛みを感じ、目の前が白い光のようなものでチラチラしはじめ、些細な音や声ですら不快に感じました。

眠ろうとしても痛さで眠れず、横になって休みながら数時間ほど我慢していると痛みは徐々に和らぎ、その他の症状も収まったのですが、その日を境に数日~数週間おきに同じような頭痛や症状が起こるようになり、医師の診察を受けたところ、偏頭痛との診断を下されました。

生理が重くなりはじめたのも丁度この頃でした。

偏頭痛が起こるとき

偏頭痛が起こるのは季節の変わり目や雨が降る前に多いです。入浴後やストレスを抱えているときにも多く起こります。

自身の体調によって多少左右されているとは思いますが、やはり気圧の変化によるものが大きいのではないかと考えています。季節の変わり目などの時期、寝起き数時間後には軽い痛みを感じはじめ、暫くするといつものズキンズキンとした痛みに襲われます。

また緊張状態から解放された後などにもよく起こります。そういった場合は数十分安静にしていれば和らぐことが多いのですが、痛み自体がストレスとなり、一日中鈍い痛みを抱えながら仕事をしなければならないときもあります。

偏頭痛の対処法

偏頭痛が起きたとき、まずは楽な姿勢をとって身体を休めることにしています。目を使うと痛みが強まるので、目を閉じて携帯やパソコン、本などは見ないようにし、静かな場所で安静にしています。冷やすと症状が和らぐ場合もあるので、小さな保冷剤などをタオルでくるみ、痛む方のこめかみ付近や首筋にあててみたり、冷却シートなどを貼ってみたりします。

外出時などでそのような行動がすぐにとれない場合には、ハンカチを水で濡らしてこめかみを冷やしたり、医師から処方された痛みどめを服用したり、頭痛がすることを申し出て数十分休ませてもらったりしています。

偏頭痛の予防策

偏頭痛と長く付き合っていると、頭痛が来る前になんとなく「そろそろ痛くなるな」とわかるようになってきます。本格的な痛みが襲ってくる前に数十分でも身体を休めたり、痛みが起きそうな場所や首筋を冷やしたり、騒がしい場所から離れるようにしています。

コーヒーを飲むと痛みが和らぐ場合も多いので、偏頭痛が起きそうなときには事前にコーヒーを飲んだりするのも効果的です。日常的に長時間パソコンや携帯の画面を見続けていると偏頭痛が起こる頻度があがると聞いたので、一日のパソコン、携帯使用時間を減らしたりなどもしています。

偏頭痛の治療法

残念ながら、偏頭痛自体を完全に治療することは難しいようです。日常生活や生活習慣などを見なおしつつ、自分の体質や体調、偏頭痛の種類に合わせた対処法を探り、少しでも偏頭痛が起こる頻度や痛みを少なくすることが重要です。

痛みどめを服用するにしても、偏頭痛にはあまり効果の期待できない市販されている頭痛薬に頼りすぎるよりも、専門の医師に相談し、自分の身体や症状に合った薬や漢方薬などを処方してもらうことも大切だと思います。

偏頭痛が起こりやすい季節や時間帯、自身の体調などを把握して、事前に予防策をとり続け、少しずつ偏頭痛が起こる頻度を少なくしていくことが偏頭痛の治療の近道になると考えています。

ガンガン!と突然やってくる偏頭痛から解放されたい方へ

偏頭痛を元から改善する革命的なサプリメント「ずきしらずの実」

ガンガン!と突然やってくる重たい嫌な感じに悩んでいるのはあなただけではありません。すぎしらずの実を使用した90%以上のモニターの方が偏頭痛からくる毎日の憂鬱から解放されています。また、すぎしらずの実を使用した方は「そもそも偏頭痛が来る回数が減った」「来ても以前のような重さを感じない」と体調的な克服を実感しています。
ずきしらずの実』は市販薬とは違い頭痛を一時的に止めるものではなく、偏頭痛が起こる「痛み」の原因をなくすため『体質的な実感』を得ることができます。 また、医薬品とは違い植物由来のハーブサプリメントなので体への負担がなく、安心して続けられます

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ