辛い偏頭痛、その根本的な治し方とは?3つの要因を覚えて頭痛とサヨナラ

偏頭痛で悩んでいる方は少なくないのではないでしょうか。あまりにひどい方は病院の「神経内科」か「頭痛外来」を受診された方がよいでしょう。

しかし自分でもある程度偏頭痛を予防し、治していけると言う事をご存じですか?偏頭痛を誘発するにはいつくかの要因があるので、まずはどういう時に偏頭痛がするかを把握する事がとても大切です。

食べ物による要因、NG食品を覚えておきましょう

食べ物や飲み物によって偏頭痛が誘発される事は少なくありません。病院に行っても必ずこの点は指摘されるのでNG食品は頭に入れておきましょう。

そして自分がどの程度摂取したら偏頭痛を誘発するかも覚えておきましょう。これらの食品の摂取を控える事で、かなり偏頭痛は少なくなります。

  • カフェイン
  • ナッツ類
  • アルコール(特にワイン)
  • チョコレート
  • チーズ
  • かんきつ類

になります。
空腹の時に偏頭痛を訴える人も多いのでそれも気をつけましょう。

環境による要因、なるべく避けたいシチュエーション

視覚や聴覚の刺激によっても偏頭痛は誘発されます。

  • 温度の変化
  • 気圧の変化
  • まぶしい光
  • 騒音
  • 臭い

例えば、冷房が効いた室内から外に出た瞬間に頭痛に襲われる…このような経験をしている方は多いのではないでしょうか?

様々な五感の刺激によって偏頭痛は誘発されます。すべてを避けて生活するわけにはいきませんが、もし頭痛が始まってしまったら、光を遮断した暗く静かな部屋で横になって休む事で治る場合があります。

精神的な要因、日頃からストレスはためないようにしましょう

偏頭痛は精神的な部分での要因がとても深くかかわる頭痛です。

  • 過度のストレス
  • 不眠や過度な睡眠
  • 生理や妊娠などホルモンの変化
  • 疲労

ストレスがたまっていると自覚していない人でも、試験前や大事な会議の直前に急に頭痛に襲われた経験のある人は多いのではないでしょうか。つまり精神状態の変化でも偏頭痛は誘発されてしまうと言う事です。

また昼寝の後に頭痛になる人も多い事から、過度な睡眠も頭痛を誘発するのではないかと言われています。規則正しい生活をする事が、偏頭痛を回避する有効な手立てである事は間違いないようです。

実際に頭痛が始まってしまったら、正確に言えば頭痛の前兆を感じたら、なるべく身体を横たえて休めるような場所で安静にするのが得策です。

痛みを感じる前に、生あくびが出たり、点滅する光のようが見えたり、お腹の調子が悪くなったりなど何かしら前兆を感じる事が多いので、自分の前兆パターンを把握して、前兆を感じたらそのタイミングで鎮痛剤を飲むのも有効です。実際に激しい痛みが始まってからでは、鎮痛剤がなかなか効きません。

偏頭痛は上記の3つの要因で誘発されます。これらの事を理解してなるべく頭痛がくるシチュエーションとコンディションに身をおかない事が、偏頭痛の長期的な意味での治し方と言えるでしょう。

ガンガン!と突然やってくる偏頭痛から解放されたい方へ

偏頭痛を元から改善する革命的なサプリメント「ずきしらずの実」

ガンガン!と突然やってくる重たい嫌な感じに悩んでいるのはあなただけではありません。すぎしらずの実を使用した90%以上のモニターの方が偏頭痛からくる毎日の憂鬱から解放されています。また、すぎしらずの実を使用した方は「そもそも偏頭痛が来る回数が減った」「来ても以前のような重さを感じない」と体調的な克服を実感しています。
ずきしらずの実』は市販薬とは違い頭痛を一時的に止めるものではなく、偏頭痛が起こる「痛み」の原因をなくすため『体質的な実感』を得ることができます。 また、医薬品とは違い植物由来のハーブサプリメントなので体への負担がなく、安心して続けられます

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ