偏頭痛が起きたらどうしたらいいの?対処法と予防策で軽減! 女性 50歳 S.Sさん

偏頭痛で悩まれている方は沢山いると思います。

私も中学生の頃から酷い偏頭痛に悩まされています。偏頭痛は遺伝的要素もあるようで、私の母も偏頭痛の持ち主でした。

そんな私の経験談を基に取り組んでいる対処法をお伝えします。

偏頭痛が起こる時は?その前ぶれは?

偏頭痛の前触れは、チカチカした光が見える人と、肩こりやあくびが出る人もいると聞きますが、私の場合は発作的に突然起きます。それまで元気だったのに、何の前触れもなく襲ってきます。

また、女性の場合は月経と関係しているとも言われていますね。人によっては、人混みや強い光が刺激になるという場合もあるようです。

偏頭痛になった時の対処法!工夫と辛さの軽減!

偏頭痛の鎮痛薬は、服用のタイミングが大切だと言われています。

偏頭痛は痛みが酷くなると鎮痛薬を服用しても効果が表れなくなります。私の場合も、すぐに鎮痛薬を服用しないで我慢していると、効果がでないだけではなく吐き気までしてきます。

私は頻繁に薬を服用することに躊躇しまう傾向にあります。そのせいでタイミングを逃してしまい、最悪な状態になってしまいます。痛みの緩和には、ジェルシートやアイスノンなどを使って冷やしてあげると血管が収縮して痛みが楽になりますよ。

因みに、お風呂など体を温める事は逆効果になるので気を付けて下さいね。

辛い偏頭痛!事前の予防策もあります!

私は数十年も偏頭痛と付き合って来たわけですが、一度だけ救急車で運ばれたことがありました。偏頭痛で?

と驚くかもしれませんが、鎮痛薬を服用するタイミングを逃してしまい、何度服用しても効き目がなく2日間痛みで苦しみました。3日目には酷い吐き気と痛みで過呼吸になり、救急車が呼ばれる事態となりました。

腕も極度の緊張から硬直して動かなくなってしまいました。その後、身体が落ち着いてから頭痛専門医に通院しています。現在は、偏頭痛の発作を抑えるトリプタン製剤を服用しています。

トリプタン製剤を長期に服用することで、頭痛が起こりにくくなるそうです。酷い頭痛持ちの方は、そういった薬もあるので医師に相談してみることをお勧めします。

偏頭痛は嫌!日頃から気をつけていること

やはり一番大切なのはストレスを溜めないことです。逆に休日などでストレスから解放された時も偏頭痛になりやすいと言います。ですから、規則正しい生活がベストということになりますね。

ヒーリング効果のある音楽を聴いたり、アロマの香りもリラックスできますよ。私は川のせせらぎを聴くと心が落ち着くので、時々自然を感じるために出掛けたりもしています。

そのような、日常から離れた適度な気分転換もお勧めです。

ガンガン!と突然やってくる偏頭痛から解放されたい方へ

偏頭痛を元から改善する革命的なサプリメント「ずきしらずの実」

ガンガン!と突然やってくる重たい嫌な感じに悩んでいるのはあなただけではありません。すぎしらずの実を使用した90%以上のモニターの方が偏頭痛からくる毎日の憂鬱から解放されています。また、すぎしらずの実を使用した方は「そもそも偏頭痛が来る回数が減った」「来ても以前のような重さを感じない」と体調的な克服を実感しています。
ずきしらずの実』は市販薬とは違い頭痛を一時的に止めるものではなく、偏頭痛が起こる「痛み」の原因をなくすため『体質的な実感』を得ることができます。 また、医薬品とは違い植物由来のハーブサプリメントなので体への負担がなく、安心して続けられます

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ