偏頭痛は食べ物に気を付けることで予防することができる!

偏頭痛は一般的な頭痛と違い、とても辛いものです。痛みの種類も一般的な頭痛とは異なり、偏頭痛でない人にはなかなか理解し難いものかもしれません。

偏頭痛の発症頻度も、週一程度の方もいれば、月一の方もいらっしゃり、様々です。偏頭痛が起こってしまうと、普通に生活することが難しい方がほとんどなのではないでしょうか。

仕方ないことではあっても、辛いことでもありますし避けたい事ですよね。

偏頭痛ってなに?

偏頭痛とはなんだろう?普通の頭痛とは何が違うのか?といった疑問を持つ人は多くいらっしゃると思います。

普通の頭痛は?

まず、普通の頭痛ですが、普通の頭痛は筋肉が緊張することから痛みが起きます。その原因は、普段の姿勢の悪さ、首の骨などの骨格・体型の歪み、首や肩のコリ、緊張、目の疲れ、歯の噛み合わせ、ストレスや精神的な緊張といったものです。

痛みの特徴としては、頭をギューッと締め付けられるような痛み、重い感じの痛みが後頭部を中心に両側に生じます。

偏頭痛は?

次に偏頭痛ですが、脈が打つ感じで痛みがあります。頭の左右どちらかに激しい痛みを感じ、頭を動かすとさらに激しい痛みに襲われます。吐き気もひどく、人によっては何回も吐くこともあります。

原因は主に、ストレス、ホルモンバランスの乱れ、自律神経の乱れ、気圧の変化だと言われています。メカニズムは、片頭痛は頭部の血管が通常より大きく収縮・膨張することで、血管が脳や頭蓋骨を圧迫することで起こります。

偏頭痛は予防することができる!

偏頭痛は、先ほど述べたように様々な原因があります。避けようのないものもありますが、日常的に、簡単に気を付けることができるのは「食べ物」です。

偏頭痛には良くないとされている食べ物がいくつかあります。主に、「チョコレート」「チーズ」「ワイン」です。これらは血管を広げる作用がありますので、偏頭痛を誘致する食べ物として有名です。多少なら大丈夫ですが、食べ過ぎには注意しましょう。

実際に、これらを多く摂取した次の日に偏頭痛が起きてしまったとの声も多くあります。偏頭痛を避けたいのであれば、なるべく控えることをお勧めします。どうしても食べたいときは、週末など、大事な予定のない日がいいかもしれませんね。

偏頭痛にいいとされる食べ物は?

偏頭痛にいいとされているものは、コーヒーや紅茶といったカフェインを含むものです。カフェインは血管を収縮させる作用がありますので、偏頭痛が起こった際も有効的ですしかし、カフェインの取り過ぎは頭痛を悪化させるとする見方もありますので、注意が必要です。日頃の食事に気を付けて、偏頭痛と上手に付き合っていきましょう。

ガンガン!と突然やってくる偏頭痛から解放されたい方へ

偏頭痛を元から改善する革命的なサプリメント「ずきしらずの実」

ガンガン!と突然やってくる重たい嫌な感じに悩んでいるのはあなただけではありません。すぎしらずの実を使用した90%以上のモニターの方が偏頭痛からくる毎日の憂鬱から解放されています。また、すぎしらずの実を使用した方は「そもそも偏頭痛が来る回数が減った」「来ても以前のような重さを感じない」と体調的な克服を実感しています。
ずきしらずの実』は市販薬とは違い頭痛を一時的に止めるものではなく、偏頭痛が起こる「痛み」の原因をなくすため『体質的な実感』を得ることができます。 また、医薬品とは違い植物由来のハーブサプリメントなので体への負担がなく、安心して続けられます

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ