偏頭痛を引き起こすNGな食べ物と飲み物は?

偏頭痛の予防は基本的に薬で行うもの、という風に思っているかたは多いと思います。

ですが、痛む度に薬を飲んでいたのではあまり身体に良くはありません

しっかりと普段から生活に気をつけて発作を防いでいくことが何よりも大切ですので、予防方法と対処方法について見ていきたいと思います。

NGな食べ物は?

予防のためには、まず原因を排除することが一番ですね。意外と知られていないのが、食べ物が原因で発作が起こることもあるということ。日本人には食の問題は比較的関係ないと思われがちなのですが、特定の食べものが偏頭痛を引き起こすことはけっこうあるのです。

たとえば、ハムやソーセージといった練り製品に含まれる亜硝酸塩、他にも中華料理などでよく使われるグルタミン酸ソーダなどは発作を誘発しやすいと言われています。他にも、症状が酷いと言う方はチーズやチョコレートの食べ過ぎにも注意が必要。

基本的に暴食は良いものではありませんから、こういったものは量を考えて摂取するように心がけたいですね。

NGな飲み物は?

食べ物にNGがあれば、当然飲み物にもNGはあるものですね。お酒の飲み過ぎもよくありませんので、ここにも注意するようにしましょう。アルコールには強い血管拡張作用があるため、頭痛全般の大きな原因となってしまいます。

そんなアルコールの中でも特に気をつけたいのが「赤ワイン」で、赤ワインが最も偏頭痛を引き起こしやすいと言われています。逆に、蒸留酒は発作を起こしにくいアルコールだと言われていますね。

痛い時の即席対処法

最後に対処方法についてですが、痛む方のこめかみの動脈を指で押さえると効果的。痛みがある時というのはたいてい東武の動脈が拡張している時なので、それを収縮させれば痛みは収まるというわけです。

ちなみに、頭部にある動脈というのは上眼窩動脈や浅側頭動脈、後頭動脈などといったものがあるのですが、こめかみを走っているのはこの中の浅側頭動脈となります。ここを押さえてあげるといいですよ。

ガンガン!と突然やってくる偏頭痛から解放されたい方へ

偏頭痛を元から改善する革命的なサプリメント「ずきしらずの実」

ガンガン!と突然やってくる重たい嫌な感じに悩んでいるのはあなただけではありません。すぎしらずの実を使用した90%以上のモニターの方が偏頭痛からくる毎日の憂鬱から解放されています。また、すぎしらずの実を使用した方は「そもそも偏頭痛が来る回数が減った」「来ても以前のような重さを感じない」と体調的な克服を実感しています。
ずきしらずの実』は市販薬とは違い頭痛を一時的に止めるものではなく、偏頭痛が起こる「痛み」の原因をなくすため『体質的な実感』を得ることができます。 また、医薬品とは違い植物由来のハーブサプリメントなので体への負担がなく、安心して続けられます

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ