慢性頭痛って何?対処方法を知っていればと頭痛が楽になる

慢性頭痛はいろいろありますが、「偏頭痛」「緊張型頭痛」が代表的です。

それぞれの症状や原因や対処方法を調べてみました。

偏頭痛の症状

女性に多くみられ、主に頭の片側が痛くなります。目の奥の方からの痛みが偏頭痛に移行したり、目がチカチカするのが偏頭痛の予兆だったりします。

自分の脈拍にあわせてズキズキ痛みます。頭の中からハンマーで殴られてるのではないかと思ってしまうほど痛い事もあります。ひどい時には吐き気も伴い、体を動かすこともできません。

痛みも数時間から半日や1日と続きます。体を動かすと頭痛がひどくなるのが偏頭痛です。

偏頭痛の原因

ホルモンバランスやストレスが原因だったり、人ごみの中に入ったり、アルコールを飲むことが引き金だったりします。

緊張状態から解放されてホッとしたら痛み始める場合もあります。偏頭痛の原因はいろいろあって人それぞれです。

偏頭痛がおきた時の対処方法

頭の中の血管が膨張して神経に触って頭痛になるので、冷やしましょう。氷枕や冷却ジェルシートなどを使って頭を冷やします。

痛みがある方を下にして冷やし、横になると圧がかかって楽になります。体を横にできない人は、首の後ろや脇の下を冷却ジェルシートなどを使って冷やすと楽になります。

緊張型頭痛の症状

肩の痛みから首筋の痛みや肩甲骨の横の筋の痛みから移行して、頭の一部や全体が重たいような頭痛がします。軽い痛みから吐き気を伴う痛みまでそれぞれです。体を動かすと頭痛が軽くなるのが緊張型頭痛です。

緊張型頭痛の原因

ストレスや仕事などで目を酷使したり、同じ姿勢で長時間作業したりするのが原因です。携帯やスマートフォンの使用で猫背になり姿勢が悪くなるのも原因のひとつです。背中の痛みから肩の痛みへ、そして首の痛みに移り頭痛になる。

またそれをかばうので、背中が痛くなって頭痛に移行していく。悪循環の緊張型頭痛です。

緊張型頭痛がおきたときの対処方法

筋肉をほぐして、血液の循環をよくします。肩を動かすストレッチをしたり、できるようであれば軽い運動も効果あります。

吐き気が大丈夫のようなら、短時間の入浴で血行を良くします。コーヒーや緑茶のカフェイン摂取も血行を良くするのでお勧めです。

まとめ

ひどい時には市販の薬では余計に吐き気を伴うこともあります。

そのため病院で受診して自分にあった薬を処方してもらうのが一番です。いつもの頭痛と少しでも違う症状がでたら、いつもの慢性頭痛だと判断せずにすぐに病院で受診してください。

偏頭痛や緊張型頭痛などの慢性頭痛も原因がわかれば、頭痛にならないように激しい痛みにならないようにすることができます。対処方法もわかっていれば頭痛に悩む時間を短くすることができます。

人それぞれ痛み方も違うので、自分にあった対処方法を探してみてください。少しでも頭痛に悩む事が少なくなればさいわいです。

ガンガン!と突然やってくる偏頭痛から解放されたい方へ

偏頭痛を元から改善する革命的なサプリメント「ずきしらずの実」

ガンガン!と突然やってくる重たい嫌な感じに悩んでいるのはあなただけではありません。すぎしらずの実を使用した90%以上のモニターの方が偏頭痛からくる毎日の憂鬱から解放されています。また、すぎしらずの実を使用した方は「そもそも偏頭痛が来る回数が減った」「来ても以前のような重さを感じない」と体調的な克服を実感しています。
ずきしらずの実』は市販薬とは違い頭痛を一時的に止めるものではなく、偏頭痛が起こる「痛み」の原因をなくすため『体質的な実感』を得ることができます。 また、医薬品とは違い植物由来のハーブサプリメントなので体への負担がなく、安心して続けられます

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ