食べ物や飲み物が原因で偏頭痛になるの?

偏頭痛を引き起こしてしまう原因は、何も遺伝やホルモンだけではありません。

毎日口にする食べ物や飲み物が原因で、偏頭痛になってしまうこともあるのです。偏頭痛が起きてしまうのは、脳内の太い血管が拡張してしまうからだと考えられています。

実は飲食物には血管の拡張や収縮作用を持つものが存在し、それらの摂取の仕方によって偏頭痛が和らいだり悪化したりするのです。

血管の拡張・収縮を及ぼす食べ物

血管拡張作用がある飲食物は、主に以下のものがあります。

  • アルコール全般(特に赤ワイン)
  • ベーコンやハムなどの加工肉

反対に血管収縮作用のある飲食物は主に以下の通りです。

  • コーヒー
  • チョコ、ココア
  • チーズ
  • 柑橘系の果物

これらの食べ物を食べると脳内の血管が拡張したり収縮したりします。

収縮作用の食べ物だけではダメ

ただ、収縮作用のあるものだけ食べればいいというわけではありません。収縮作用のあるものもその食べ物が切れると一気に血管が拡張し、炎症を起こして痛みが襲ってきます。

つまり、どちらも偏頭痛を引き起こす原因になりうるので、発作が起きそうな時にはこれらの飲食物の摂取を控えたほうがいいでしょう。

血管が広がったり縮まったりするのは、チラミン、ポリフェノール、カフェイン、グルタミン酸ナトリウムなどがあります。チョコレートや赤ワインはポリフェノール、コーヒーにはカフェインが含まれていますね。

どれも摂取してはいけないものではなく、ポリフェノールなどは抗酸化作用もあり体にいい成分として知られています。だからバランスよく摂取する分には全く問題ないのですが、やはり成分が濃すぎる飲食物を口にすると発作が出やすいのです。

赤ワインもダメ

赤ワインも偏頭痛にはよくないと言われています。頭痛持ちの人が赤ワインを飲むと翌朝ものすごい頭痛に襲われたなんてことも多いですね。

それはやはり赤ワインに含まれているポリフェノールが原因だと思われます。元々アルコールは偏頭痛にもよくないので控えるべきですが、どうしてもというときには赤ワイン以外のお酒、もしくは赤ワインをほんの少し口にする程度にしましょう。

ガンガン!と突然やってくる偏頭痛から解放されたい方へ

偏頭痛を元から改善する革命的なサプリメント「ずきしらずの実」

ガンガン!と突然やってくる重たい嫌な感じに悩んでいるのはあなただけではありません。すぎしらずの実を使用した90%以上のモニターの方が偏頭痛からくる毎日の憂鬱から解放されています。また、すぎしらずの実を使用した方は「そもそも偏頭痛が来る回数が減った」「来ても以前のような重さを感じない」と体調的な克服を実感しています。
ずきしらずの実』は市販薬とは違い頭痛を一時的に止めるものではなく、偏頭痛が起こる「痛み」の原因をなくすため『体質的な実感』を得ることができます。 また、医薬品とは違い植物由来のハーブサプリメントなので体への負担がなく、安心して続けられます

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ