産前産後で偏頭痛の起こるタイミングは変わったが 37歳 Y.S.さん

「偏頭痛持ちです」という人は私の周りでもたくさんいます。その全ての人が虚弱体質な感じの人かと言えば決してそんな事はなく、日頃はとても健康そうな人でも、「病院でお薬を処方して貰っている」というぐらい症状が酷い人もいます。

私は病院に行くほどではありませんが、定期的に偏頭痛が起こりそれに悩まされています

出産するまでの偏頭痛

いつから偏頭痛が始まったかと言うと、それは生理が始まった頃からです。生理が始まってからずっと毎月定期的に偏頭痛が起こっていたかどうかと聞かれるとそこまではっきり覚えてはいませんが、記憶にある限りでは、生理が始まる1週間前ぐらいから凄く憂鬱になり、それに伴って偏頭痛が起こるような感じでした。

急に「生きているのがしんどいな…」と思ったり、何でも無い事に凄くイライラしたり、急に泣きたくなったりと、自分で自分がコントロール出来なくなり、「どうしたらいいんだろう」と限界を感じると、頭のこめかみの部分に激痛が走るのでした。

そうなると、生理痛のお薬を生理痛が始まってから飲んでも全然効かないのと同じで、そこで慌てて頭痛薬をのんでも全然効果がありませんでした。ですから、「憂鬱だな…」と感じたらその場で直ぐに頭痛薬を飲んだら良かったのですが、「頭痛薬は怖いよ」と何度と無く大人から聞かされていたので、まだ痛くもないのに頭痛薬を飲む気にはなれず、様子を見ていたらもの凄い偏頭痛が起こり時間が過ぎ去るのを待つしかないといった感じでした。

出産してからの偏頭痛

出産してからは、生理前後より排卵前後に精神的にも偏頭痛的にもしんどくなるようになりました。出産するまでは、どのタイミングで排卵が起こっているのか知りもしませんでしたし、身体の変化も何も感じませんでした。

それが、出産を経てから、排卵を身体で凄く感じるようになったのです。それに伴ってこのタイミングで偏頭痛も起こるようになりました。

偏頭痛の感じとしては同じです。金槌でこめかみを叩きたいほどの痛みですが、産後は、そうなってから頭痛薬を飲んでも治まる時が出て来ました。

自分なりの注意法

自分なりに感じる事ですが、排卵前後、生理前後が凄く辛い時と、まあ何とか我慢できる時の違いは、生理が規則的にきているか、と日常生活でストレスを溜め込んでいないかの2つが大きいような気がするのです。

私はちょっとした事で生理が不規則になります。そうなると排卵前後や生理前後が凄くしんどいのです。ストレスに関しても、自分のキャパシティーを越えた生活をしていると、生理は遅れなかったとしても、排卵前後や生理前後がしんどくなります。

ですから、1人で生きているわけではないので、不可抗力の部分もありますが、なるべくマイペースを心がけ、ストレスを溜めないようにも心掛けています。

ガンガン!と突然やってくる偏頭痛から解放されたい方へ

偏頭痛を元から改善する革命的なサプリメント「ずきしらずの実」

ガンガン!と突然やってくる重たい嫌な感じに悩んでいるのはあなただけではありません。すぎしらずの実を使用した90%以上のモニターの方が偏頭痛からくる毎日の憂鬱から解放されています。また、すぎしらずの実を使用した方は「そもそも偏頭痛が来る回数が減った」「来ても以前のような重さを感じない」と体調的な克服を実感しています。
ずきしらずの実』は市販薬とは違い頭痛を一時的に止めるものではなく、偏頭痛が起こる「痛み」の原因をなくすため『体質的な実感』を得ることができます。 また、医薬品とは違い植物由来のハーブサプリメントなので体への負担がなく、安心して続けられます

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ