偏頭痛とストレスの関係って何?ストレスを感じにくくする方法

ストレスが溜まることが原因で、頭痛が起きる場合があります。それは、偏頭痛と呼ばれる症状です。

頭の片側が痛くなり、我慢できないくらいの痛みに発展します。脈に合わせてズキズキとうずくように痛く、習慣化して起こる方が多くいます。

男性よりも女性が習慣化し易く、男性患者の4倍の女性患者がいます。では、偏頭痛はストレスとどのような関係があるのでしょうか。

偏頭痛のしくみ

偏頭痛は頭蓋骨の内部の血管が、過剰に拡張することで発症します。ストレスが原因でセロトニンという神経伝達物質が増え過ぎてしまい、神経を刺激します。これによって偏頭痛が始まります。

頭の中の血管や周辺で腫れ、炎症が起こり、症状が悪化すると片側だけに留まらず頭全体に広がりを見せます。立っていられない、座っていられない、吐き気を伴うなどの急激な変化もある為、たとえ習慣化していても、いつものことだからと軽く考えないことが大切です。

ストレスとのつながり

ストレスが原因の頭痛持ちの方の多くが心理的な要因による頭痛でなおかつ、慢性的です。ストレスが溜まると頭が痛くなる、また、その反対にストレスを日々、感じているが休日になった途端、偏頭痛になるという症状の方もいます。

つまり、重圧を感じている時に偏頭痛になる人と、解き放たれて安心した瞬間に偏頭痛が襲ってくるという人もいるということです。どちらの場合も、ストレスを溜めやすい傾向にある人がなる症状と言えます。

普段から、リラックスする、なるべく自分を追い詰めず、ゆったりと物事を考える姿勢が大切です。時々は、自分が好きな音楽を聞く、本を読むなど自分自身へのごほうびも大事です。

偏頭痛の対処法

起きてしまった偏頭痛には、簡単にできる対処方法があります。

まず、冷たいタオルで頭を冷やすことが大切です。血管が拡張しているのですから、冷やして落ち着かせることが何より大切です。冷却ジェルシートなどバッグの中に入れて携帯できる物もあります。偏頭痛が習慣化していると言う方は、カバンに入れておくと安心です。

また、騒音やまぶしい光なども偏頭痛には悪影響を及ぼします。痛いなと思ったらなるべく静かな場所へ移動してリラックスしましょう。

それでも無理なら

自宅でできる対策として、頭痛を引き起こしやすい食べ物をなるべく食べないようにするようにしましょう。血管収縮作用のあるチョコレートやチーズ、柑橘植物、カフェインを含む飲料などがあります。

また、血管を拡張させるアルコール飲料、特に赤ワインやウインナー、ベーコンなどが挙げられます。少量なら問題ありませんが、偏頭痛の誘発を招く恐れもあります。気をつけましょう。

また、痛みが続き、酷くなるようでしたら専門病院への受診をおすすめします。

ガンガン!と突然やってくる偏頭痛から解放されたい方へ

偏頭痛を元から改善する革命的なサプリメント「ずきしらずの実」

ガンガン!と突然やってくる重たい嫌な感じに悩んでいるのはあなただけではありません。すぎしらずの実を使用した90%以上のモニターの方が偏頭痛からくる毎日の憂鬱から解放されています。また、すぎしらずの実を使用した方は「そもそも偏頭痛が来る回数が減った」「来ても以前のような重さを感じない」と体調的な克服を実感しています。
ずきしらずの実』は市販薬とは違い頭痛を一時的に止めるものではなく、偏頭痛が起こる「痛み」の原因をなくすため『体質的な実感』を得ることができます。 また、医薬品とは違い植物由来のハーブサプリメントなので体への負担がなく、安心して続けられます

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ